(C)2020 Disney/Pixar. (C)2020 Disney and its related entities

 “生まれる前の魂(ソウル)の世界”を描く、ディズニー&ピクサーの最新作『ソウルフル・ワールド』。このほど、生まれる前に自分だけの個性を見つける場所“魂<ソウル>の世界“が明らかになる新予告編が解禁となった。

 JUJUが歌う日本版エンドソング「奇跡を望むなら...(ソウルフル・ワールドver.)」も流れ、“人生のきらめき“を見つけようとする”ジョー“と”22番“の冒険と、その深いメッセージに感動を予感させる映像となっている。

 生まれる前に「どんな自分になるか」を決める“魂<ソウル>の世界”を舞台に、夢を叶えたい音楽教師“ジョー”と人間に生まれたくないソウルの女の子“22番”の“人生のきらめき”をめぐる冒険が描かれる本作。

 新たに解禁された新予告編では、生まれる前のソウルの世界が明らかとなった。

 NYで暮らすジョーはジャズ・ミュージシャンになる夢を叶える直前、マンホールに落ちソウルの世界へ。そこは生まれる前のソウルたちに、自分だけの個性が与えられる場所だった。

 そこでソウルたちの好奇心旺盛な性格や、感じがいいけど疑い深い性格というような個性が決まる。そして最後に見つけなければいけないのが自分だけの“人生のきらめき”。心から夢中になれるものを見つけた時、ソウルたちは地上に生まれることができるという世界なのだ。

 しかし、人生のきらめきを見つけられず何百年もソウルの世界に留まっているのがこじらせソウルの22番。彼女は何をやっても夢中になれるものが見つけられず、生まれる価値などないと考え、マザー・テレサら人生の偉人でさえも、22番に人生のきらめきを教えることはできなかった…。そんな22番が音楽教師のジョーと出会い、人生の素晴らしさを知っていく。

 やりたいことがない22番の「人生ってそんなに大切なものなの?」という問いかけは、現代人に深く心に刺さるメッセージでもあるはずだ。そして最後にジョーと22番が見つけた人生のきらめきとは?世界中がピクサー史上最も深い感動作に涙するに違いない。

(C)2020 Disney/Pixar. (C)2020 Disney and its related entities

 『カールじいさんの空飛ぶ家』や『インサイド・ヘッド』など、世界中に感動を届けてきた天才ピート・ドクター監督は、この作品に込めたメッセージについて「まだ生まれていない新しい魂のキャラクター22番を登場させることで、人生がいかに素晴らしいかを映画を通じて語りたいと思いました」と、今の時代にこそ見てほしい作品だと明かしている。

 ジョーと22番の出会いと冒険が収められた、胸を打つ新予告編に作品への期待は高まるばかりだ。正反対なジョーと22番の二人が繰り広げる奇跡の大冒険の末に見つけた“人生のきらめき”とは…?日常の中で“人生のきらめき”を見失っているすべての人に贈る、“魂”を揺さぶるファンタジー・アドベンチャー!この冬、ピクサー史上最も“深い”感動作『ソウルフル・ワールド』は ディズニープラスにて12月25日(金)17時より独占配信開始。

Photos

記事タグ 

コメントを書く(ユーザー登録不要)