紅組の司会を務めた有村架純

 第67回NHK紅白歌合戦(2016年12月31日、NHKホール)は紅組の勝利で幕を閉じた。NHKは放送後の1月1日未明、勝敗を決めた審査結果について、その内訳を公表した。

 ▽投票内容の内訳
 審査員 11票(うちゲスト審査員が10票、ふるさと審査員は6人で1票)
 視聴者投票 2票
 会場の観覧客 2票
 合計15票

 ▽投票結果
 紅9票(審査員9票)
 白6票(審査員2票、視聴者投票2票、会場の観覧客2票)

 ▽票数
 視聴者投票 紅組252万7724票、白組420万3679票→白に2票
 会場観覧客 紅組   870票、白組   1274票→白に2票

 視聴者投票の総獲得票数では白組が420万票超を獲得して断トツではあったが、あくまでも多かった組に2票が入る計算。よって、視聴者票と会場観客票で紅組を勝った白組は、視聴者票と会場観客票それぞれ2票の計4票を獲得した。

 しかし、白組は審査員票では2票の獲得に留まり計6票。審査員票9票を獲得した紅組の勝利となった。最終的に審査員票が視聴者票を覆したことになった。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)