第67回NHK紅白歌合戦の公開リハーサルが29日、NHKホールでおこなわれた。初出場となるKinKi Kidsの2人がリハに臨んだ。同日、2人とドラマ共演のある元俳優の根津甚八さん(享年69)の訃報について聞かれると、堂本剛は「言葉に言い表せない衝撃を受けています」とその死を悼んだ。

 1996年に放送されたTBS系ドラマ『若葉のころ』でKinKi Kidsの2人と共演していた元俳優の根津甚八さんが29日に亡くなったことを受け、剛は「先ほど訃報を知りました。本当によくして下さったので、言葉に言い表せない衝撃を今受けています」と突然の訃報に言葉を無くしたという。

 さらに「もう1度とは言わず、何度でも共演したかった役者さんの1人。お芝居を体当たりで演じる方で、とても優しい方でした」と思い出を振り返った。

 また「根津さん怒らないかな? と思いながらコントもやらせて頂いた。根津さんは快くコントにも臨んでくださって…多方面に渡ってたくさんの優しさを与えて下さった方。非常に残念な気持ちでいっぱいです」とその死を悼んだ。

 根津さんは、2002年頃から「右目下直筋肥大」という顔面の病気を患い活動を縮小していた。2010年には演出家や脚本家としての活動に専念し、俳優業を引退することを公表した。2015年に石井隆監督の映画『GONIN サーガ』に出演し、1度限りの銀幕復帰を果たしたが、29日に東京都内の病院で肺炎のため亡くなった。(取材・松尾模糊)

Photos

none...

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)