江口洋介



 大沢たかお、上戸彩が先日、都内で行われた、Amazon Original ドラマ『沈黙の艦隊 シーズン 1 ~東京湾大海戦~』配信記念イベントに登壇した。

 【動画】『沈黙の艦隊』政府側から見た“海江田”大沢たかお。江口洋介・夏川結衣・笹野高史・上戸彩が語る

 1988~96年に「モーニング」(講談社)で連載された大ヒットコミック「沈黙の艦隊」を原作とし、大沢たかお主演で実写化された映画『沈黙の艦隊』で描かれた“序章”とも言える物語に加え、その後東京湾に戦いの舞台を移し日本だけでなく世界を巻き込んでいく衝撃のクライマックスまでを描く、全8話の“完全版”ドラマとなる。

 最新鋭の原子力潜水艦<シーバット>を乗っ取り、国家反乱を起こす主人公・海江田四郎役の大沢たかお。その海江田と対峙した政府側を演じた江口洋介、夏川結衣、笹野高史が撮影を振り返った。

 江口洋介が演じたのは緊迫の状況下でも冷静な決断を下す内閣官房長官・海原渉。

 江口は「大沢くんが演じている海江田という役は鬼神のようです。何を考えているのか分からないようなそのキャラクターが世界各国でどのように受け止められるかが楽しみですね」と語り、内閣総理大臣・竹上登志雄を演じた笹野高史が海江田が向き合うシーンを振り返り「ものすごい緊張感だった」とすると、江口は「いいシーンでしたね。すごかった」と絶賛した。

Photos

記事タグ 

コメントを書く(ユーザー登録不要)