生田絵梨花



 生田絵梨花が6日、都内で行われた映画『ウィッシュ』(12月15日公開)来日スペシャルイベントにアーシャをイメージした衣装で登場。来日したクリス・バック監督、ファウン・ヴィーラスンソーン監督、ピーター・デル・ヴェッコ・プロデューサー、フアン・パブロ・レイジェス・プロデューサーに劇中歌を歌いプレゼントした。

 【動画】英語でお礼を伝える生田絵梨花(イベントの模様)

 ウォルト・ディズニー・カンパニー創立100周年の記念作。どんな願いも叶う魔法の王国の驚くべき真実をたった一人知ってしまった新ディズニー・ヒロイン“アーシャ”。願いを信じ続けた彼女が起こした奇跡とは―?生田絵梨花は本作のヒロインで願い星に選ばれた少女・アーシャ役の日本版声優を務める。

 本イベントの会場となったのは、映画の舞台・ロサス王国を思い起させる、歴史ある聖徳記念絵画館。幻想的な雰囲気に装飾され、フレンズ・オブ・ディズニー・バンドの「♪星に願いを」の生演奏が鳴り響いた。

 生田絵梨花が華やかなラベンダーカラーのドレス姿でステージに登場。監督・プロデューサーらと初対面を果たし、「監督・プロデューサーの皆様と並んでお話しできるのはすごく貴重な機会なので、この特別なひと時を楽しんで過ごせたらと思います!」と感激のコメント。

 緊張の面持ちながらも生田から監督たちへ、劇中歌「ウィッシュ~この願い~」の生歌唱をプレゼントした。本楽曲は、ただひとり王国の真実を知ってしまったアーシャが「みんなの願いを取り戻したい」と夜空に向かって強く星に願うシーンで歌われるエモーショナルな1曲。

 オーケストラの壮大な演奏と光の演出も相まった圧巻のパフォーマンスを披露した生田に対し、クリス監督は、「圧倒されました。月に行ったくらい凄い!」と絶賛し、通訳に教えてもらい「ウツクシイデス!」と日本語でコメント。ファウン監督も「アーシャの誠実さと決意の強さ、それがいかに歓びに変わるのか、それをすべて見せてくれました」と話し、日本語で「スゴイ!」と大感激の様子。

 その言葉を受けて生田は笑顔を見せ、「監督とお話した時に、これまでディズニー・アニメーションのキャラクターは自分のために星に願うことはあったけれど、アーシャは人のために願うことができるキャラクターだと仰っていて感銘を受けました。私もアーシャと同じく、観てくれる皆さんへの願いを込めて歌いました」と想いを語った。

Photos

記事タグ 

コメントを書く(ユーザー登録不要)