Ⓒ「彼女と彼氏の明るい未来」製作委員会・MBS

 末澤誠也(Aぇ! group)と関水渚がW主演を務めるMBSドラマ特区『彼女と彼氏の明るい未来』(2024年1月11日スタート)の放送が決定。

 原作は月刊コミックビーム(KADOKAWA)で 2018年9月号~2020年3月号で連載され、「教室の片隅で⻘春がはじまる」「今夜すきやきだよ」で第26回手塚治虫文化賞新生賞を受 賞した、谷口菜津子の同名人気コミック。

「世界で一番、大切なひと――」 冴えない小学校教師・青山一郎(末澤誠也)には、自分には もったいなさすぎる!くらいに死ぬ程可愛い恋人・佐々木雪歌(関水渚)がいる。自分の存在を肯定し、心から愛してくれる初めての相手...“嫌な現実”も幸せな同棲生活で上書きし、まさに人生 の絶頂期!...だったが、ある日友人が発明した《過去が見える VR マシーン》を試すことになり、愛する雪歌の目を疑うような過去を知ってしまう。これは、本当なのか...!?「真実」「虚偽」「信頼」 「嫉妬」...見たいけど、見たくない!でも知ってしまった、その時。彼女のすべてを受け入れて、今の 彼女を愛することができるのか!?主人公の《絶望》と《現実》が交錯する、急転直下のブラック・ラブコメディが開幕。

 真面目だけが取り柄の悩める主人公・青山一郎を、注目のグループ「Aぇ! group」のメンバーとして歌やダンスはもちろん舞台の経験も積み活躍、この度ドラマ初主演となる末澤誠也が、一郎の 最愛の彼女であり、誰にも言えない秘密の過去を持つヒロイン・佐々木雪歌を、映画『町田くんの世界』(2019/石井裕也監督)で 1,000 人を越えるオーディションの中からヒロイン役に選ばれ 女優デビュー、その後も着実に話題作にキャスティングされ、2023 年の「どうする家康」でNHK大河ドラマ初出演を果たした関水渚がW主演で演じる。

 監督を務めるのは、小説家・脚本家としても活動し、今年2月に公開の映画『スクロール』やYOASOBI の大ヒット曲「ハルジオン」原作者としても話題となり、ドラマ「モアザンワーズ/MoreThan Words」で監督を務め本作が地上波ドラマ初監督となる気鋭・橋爪駿輝監督。

 脚本は、ドラマ「スタンド UP スタート」「新・信長公記~クラスメイトは戦国武将~」「アンラッキーガール」など数多くのドラマや舞台を担当し、軽 快なコメディタッチと繊細な人間描写を得意とする、脚本家・伊達さんとのタッグで描く。

 ネガティブで自己肯定感が低めな男が初めて本気で誰かを好きになった―。ただ、現実は甘くなかった!恋をした、誰しもが経験したことがある 「猜疑心」「不安」...。信じていた“全て”が崩れた時、恋人と望む未来とは―?!登場人物たちの繊細な心情に共感し、ちょっぴり笑えて、心 揺さぶられること間違いなし!急転直下の展開と、理性を狂わせる新感覚ブラック・ラブコメディが誕生。

 2024年1月11日よりMBS他各局で放送開始。

【末澤誠也コメント全文】

今回、連続ドラマ初主演のお話を頂いて、純粋にめちゃくちゃ嬉しかったです。
原作を読んで、まずは、⻘山一郎という人物が自分とは性格など全く違う人だという印象でした。
でも、読み進めていくと、自分と類似してる点が多いことに気がついて、親近感が湧きました。
一郎のピュアさ、心情の変化、細かいところまで楽しんで頂けるよう精一杯頑張ります。
みなさん楽しみにしててください!

【関水渚 コメント全文】

佐々木雪歌を演じさせていただきます、関水渚です。誰しも人生でどうしても忘れられない辛いことや、トラウマがあると思います。私にもあります。そんな自分にとっての嫌な記憶を薄めて、幸せな気持ちで満たしてくれる人に出会えるということは奇跡に近いんだなと、この本を読んで改めて感じました。ドラマを見てくださる方が、恋愛をして両思いになり、好きな人がそばにいるということがどれだけ難しく奇跡的なことなのか感じていただけると嬉しいです。一郎と雪歌の 2 人だけの、本当に特別な関係性と時間をとにかく大切にしながら演じています。このドラマを見て、皆さんならどうするか一緒に考えながら楽しんでいただけると思います。是非ともご覧ください!

【谷口菜津子(原作)コメント全文】

まさか『彼女と彼氏の明るい未来』がドラマ化するとは夢にも思っていませんでした!
初の連載作だったのもあり、至らぬ点が多く恥ずかしくて読み返せない作品のひとつだったのですが、ドラマ化をすることでスタッフさんやキャストの
皆さんの力で新しくてもっと面白い『彼女と彼氏の明るい未来』が観れるんじゃないかと期待しております!
とにかく楽しみです!

【橋爪駿輝(監督) コメント全文】

誰かと一緒にいるのは大変で、でも僕たちは一緒にいてくれる誰かをいつも求めている。そしてその「誰か」を映し出すのは主観でしかなくて、誰かと一緒にいる未来を思うことは、過去から繋がっている自分(=誰か)と向き合うことだ。そんなことを考える機会になりました。このドラマを観て下さるすべての方々に、明るい未来を。

Photos

記事タグ 

コメントを書く(ユーザー登録不要)