目黒蓮



 多摩市及び近郊の市民からなる実行委員が表彰する『第15回TAMA映画賞授賞式』が25日、東京都多摩市のパルテノン多摩 大ホールで開かれた。最優秀新進男優賞を受賞したSnow Manの目黒蓮は「光栄です。作品が生き続けていると実感します」と喜びを語った。

 【動画】授賞式に出席した目黒蓮。喜びを語った

 『わたしの幸せな結婚』『月の満ち欠け』などの芝居が評価された。「名誉ある賞を頂けて本当に光栄。撮影が終わった後も賞を頂けると作品が生き続けていると実感することが出来てありがたく思います」と喜んだ。

 話題は『わたしの幸せな結婚』の撮影。塚原あゆ子監督からは撮影時「お芝居するというよりもこういうことを言われたら、こういう反応になるよね、こういう表情になるよねとか現実を大切にされている方で、お芝居経験が少ない時期に出会うことが出来て幸運でした」

 本作ではアクションにも挑戦。普段のダンスと互いに影響を与えているかという問いには「アクションとは結びついてはいけないものと言いますか、塚原さんに教えて頂きましたが、アクションが振り付けっぽくならないようにきれいにやらないでほしいと。イメージとしては崩していく感覚でした」

 また役者の時とSnowManの時とでは、グループ活動の時は「目黒蓮を足していく感じ」といい、逆に芝居では「引いています」とも明かした。

 改めて「自分は作品のためにあって、作品を通して何か思いを伝えたい。それを作品を通して届けばいい。演じるにあたって見てくださる方の人生や生活に何らかの影響を与えられるようなお芝居ができたらいいなと思います」と述べた。

Photos

記事タグ 

コメントを書く(ユーザー登録不要)