浜崎あゆみが、11月18日に配信リリースしたシングル「MASK」のミュージック・ビデオをオフィシャルYouTubeチャンネルで公開した。

 新曲「MASK」は、小室哲哉氏が2010年9月22日発売シングル「crossroad」以来、12年ぶりに編曲まで手掛けたことで話題となっており、ミュージック・ビデオの公開が期待されていた。

 今作は全編、東京・豊洲にあるチームラボプラネッツ TOKYO DMMで撮影され、フルラバーの白ドレスに身を包んだ浜崎が美しい蘭の花に囲まれて歌い、次々に現れるアート空間の中を移動しながら、心の奥底を表現したような内容になっている。チームラボによる光のアートと浜崎やダンサーのアクティングとが見事にシンクロし、見る者を魅了。意味深なエンディングまでひとときも目が離せない作品となっている。

 そんな映像美溢れるミュージック・ビデオのプレミア公開後、「特報」と銘打たれた動画が突如公開され、1月25日に18枚目のオリジナル・アルバムがリリースされることが発表となった。フルアルバムとしては、2016年6月29日発売『M(A)DE IN JAPAN』以来6年ぶり、アルバムとしては2018年8月15日発売『TROUBLE』以来となる新作。

 愛する我が子への想いを綴り、初の日本語タイトルで話題となった「オヒアの木」(2020年)、その後間髪入れずにリリースされた「Dreamed a Dream」(2020年)、デビュー23周年記念日に自身の信念を高らかに宣言した「23rd Monster」(2021年)、今年リリースの「Nonfiction」「SummerAgain」「MASK」など、2020年以降に発表された全シングルが収録されるという。

この記事の写真

記事タグ


コメントを書く(ユーザー登録不要)