清宮レイ(乃木坂46)

 鈴木拡樹、安井謙太郎(7ORDER)、北村諒、清宮レイ(乃木坂46)、崎山つばさ、松本寛也、陳内将、小林亮太、柴﨑貴行監督が7日、都内で行われた映画『死神遣いの事件帖 -月花奇譚-』(18日公開)完成披露舞台挨拶に登壇した。

 映画と舞台を完全連動させるプロジェクト『東映ムビ×ステ』の第4弾。危機に見舞われた江戸の町を救うため主人公と死神が奮闘する。

 記憶を失ったヒロイン・ハナを演じた清宮レイ。ほぼ初めての芝居で不安もあったというが「撮影やアクション、稽古が楽しかった」と振り返った。

 監督もほぼ初めての芝居だった清宮に当初不安があったというが「難しい役をうまく表現してくれて。撮って行ってどんどんキレイになっていった」と絶賛。

 これを聞き笑顔が止まらない清宮。「現場では褒めてくれないので、一安心しました」と満面の笑みを浮かべていた。

褒められ笑顔になる清宮レイ(乃木坂46)

 この舞台挨拶ではニコニコと周囲を和ませていたが、現場でも同様だったようで主人公・久坂幻士郎を演じた鈴木拡樹も「いるのといないのとでは雰囲気が違った」と称えた。

Photos

記事タグ 

コメントを書く(ユーザー登録不要)