父親役に挑む結木滉星(C)フジテレビ

 結木滉星が、24日放送の吉沢亮主演“月9”ドラマ『PICU 小児集中治療室』第3話に出演する。自身初の“月9”出演で父親役に初挑戦。「不器用で、誰よりも愛のある父親を精いっぱい演じたいです」と意気込む。

 広大な北海道を舞台に、小児専門のICU(=PICU)で駆け出しの小児科医・志子田武四郎(吉沢亮)がPICU科科長・植野元(安田顕)らと共に、どんな子どもでも受け入れられるPICUを作るため、そして、1秒でも早く搬送できる医療用ジェット機の運用を実現するために奔走する姿を描いていく。

 24日放送の第3話では結木滉星が父親役で出演する。スーパー戦隊シリーズ『快盗戦隊ルパンレンジャーVS 警察戦隊パトレンジャー』(テレビ朝日系/2018年)で主演を務め大きな注目を浴び、その後も立て続けに話題作に出演。

 フジテレビの連続ドラマには木曜劇場『SUPER RICH』(2021年)、『テッパチ!』(2022年)に出演し、月9ドラマには今回初出演となり、自身初の父親役に挑む。

 結木が今作で演じるのは、トラックにはねられ重症を負った7歳の少年の父・杉本亮平。事故の知らせを受け、病院に駆け込んできた亮平は動揺を隠せない様子で、「先生、助けてやってください」と武四郎に懇願する。

 28歳にして3人の子を持つ亮平は、新生児と2歳の子の世話に追われ、長男にかまえない日々を送っていた。そして、長男が一人きりになった時に起きてしまった交通事故-。

 予断を許さない状況で、武四郎たちは懸命の治療に当たるが、亮平は自分をひどく責め「俺のせいで」と泣き崩れて…。後悔と絶望のふちに立ち、愛する子どもの無事を願う父親という難役を、結木がどのように表現するのか注目だ。

結木滉星:コメント

――台本を読んだ感想。

 親子愛ってこんなにもすてきで、想像していたより何倍も深いものなんだなと感じました。子供ってこんなにも親のことを見ているんだなと考えさせられました。僕自身、初めての父親役として命の尊さを役を通して伝えられたらいいなと思っています。

――役作りについて。

 自分と同世代の役ではありましたが父親の気持ちというのは未知だったので、すぐ両親に電話して自分が産まれた時のこと、その当時のことを細かく聞いて、少しでも子供を持つ父親の気持ちが分かればと両親にも手伝ってもらいました。

――視聴者の方へのメッセージ。

 今現在、親という立場の方、そしてこれから親になる方は特に考えさせられるドラマになっていると思います。子供にとって何が一番幸せでどの選択が最善なのか、不器用ではあるけど誰よりも愛のある父親を精いっぱい演じていきたいと思っています。是非、初の父親役をたくさんの方に見ていただきたいです。

Photos

記事タグ 

コメントを書く(ユーザー登録不要)