トウを演じる山本千尋。義村(山本耕史)と激しい闘いを繰り広げた(C)NHK

 NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の第38話が2日、放送され、山本千尋演じるトウが、義村(山本耕史)と激しい闘いを繰り広げられる様子も描かれた。※ネタバレを含みます。

 大河初出演で情報解禁時から大きな話題を集めた山本千尋。善児(梶原善)に育てられた孤児・トウとして、第29回から登場し、二代目善児として華麗な身のこなしと見事な剣裁きを披露した。

 第31回では、比企能員(佐藤二郎)の娘で源頼家(金子大地)の側室・せつ(山谷花純)を討ち初任務を遂げた。

 そして、第33回では、源頼家を殺し、育ての親でありながら、両親の仇でもある善児に復讐を果たした。両親の仇を討ち、目的を果たしたトウだが、次に彼女が狙うものとは…。

 北条時政(坂東彌十郎)とりく(宮沢りえ)の流罪が決定したのち、北条義時(小栗旬)から、りく殺しの命を受けるトウ(山本千尋)。

 侍女の姿に変装し、北条館に潜入する。りくに夕餉の用意をすると見せかけ、小刀を取り出し、りくを殺めようするが、義村(山本耕史)に見破られ、手を掴まれる。すかさず逃げるトウを義村は追いかけ、激しい闘いが繰り広げられる。

 義村によって刀がはじかれ、距離をとりにらみ合う二人。トウが仕掛け、義村がかわす。トウの蹴りが義村の顔に当たるも、身体ごと投げ飛ばされる。最後には、義村に羽交い絞めにされ、「俺の女になれ」とささやかれ、絶体絶命のトウだったが、隙を見て逃走する。暗殺は失敗に終わり、その場を後にするトウ。

 山本の真骨頂である、殺陣・立ち回りが存分に発揮されており、脅威の身体能力を持つ山本の動きに視聴者も釘付けの場面であった。

(C)NHK

 視聴者からもSNSに「やっぱり山本千尋さんのアクションすげー」「まさかのスーパー山本千尋まで見れる回」「トウを演じる山本千尋さんの見せ場!!舞のような動きだなあ」「スタントなしであのアクションできる山本千尋さんすげえな」「山本千尋の有効活用」「山本千尋の使い方が上手すぎる」などの声が寄せられ反響だ。

 義時からのはじめての命であったが、義村に顔を見られ、暗殺は失敗に終わってしまう。両親の仇である善児を討ち取った今、トウは何を目的に動いていくのか。物語も終盤に差し掛かり、今後のトウの動きにも注目だ。

 

Photos

記事タグ 

コメントを書く(ユーザー登録不要)