貞子ポーズをする川村壱馬

 小芝風花、川村壱馬(THE RAMPAGE from EXILE TRIBE)、黒羽麻璃央、木村ひさし監督が28日、都内で行われた映画『貞子DX』(10月28日公開)完成披露試写会に登壇した。

 「見た者が必ず一定期間ののち死に至る」という“呪いのビデオ”の恐怖を描いたホラーの最新作。現代社会に合わせ、SNSで“拡散”される貞子の呪いと、“呪いの方程式”を解明しようとする主人公たちの対決を描く。

 貞子の呪いに立ち向かうIQ200の天才大学院生を演じるのは小芝風花。川村は、文華と共に呪いに挑む自称占い師・前田王司役を務める。

 本格ホラーは初挑戦。「ホラー映画というものを、自分にお話しいただけるとは思ってもいなかったのでめちゃくちゃ嬉しかったです。光栄でした」

 ただ、演じる前田役はこれまでの印象を覆す役柄でもある。「ウザキャラなので、笑って頂けたり、うざいと思われるかもしれませんが、人それぞれ楽しんで頂ければと思います」

 協力者の感電ロイド役を演じる黒羽麻璃央は、川村演じる前田を「オモテにならないタイプの男の子」とし「王司として最初に出会っているので、ライブを拝見したときはギャップでどうにかなりそうでした」とそのふり幅に驚いた様子だった。

 この日は、サプライズで会場から貞子が登場。さらに貞子が30人余りの貞子を呼び込んだ。恐怖におののくと思いきや楽しそうな川村。手を繋ぐ仕草もみせ動じない様子。「びっくりしました。すごい!」とするも笑顔だった。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)