LDH所属の6人組ボーカル&コーラスグループDEEP SQUADが9月18日、東京・LDH kitchen THE TOKYO HANEDAでオンラインワンマンライブ『DEEP SQUAD SPECIAL LIVE 2022 "VIVA DEEPER!!!!!!"』を開催した。今年8月31日にリリースされた最新シングル『VIVA SUMMER!!!!!!』を携え、夏の終わりを最高のハーモニーで締め括るべく行われたこの日の夜公演をレポートする。

 「DEEP SQUAD AIRLINE HANEDA 918便をご利用いただきまして誠にありがとうございます。まもなく、『DEEP SQUAD SPECIAL LIVE "VIVA DEEPER!!!!!!"』に到着のお時間です」

 飛行機のジェット音とともに、こんな機内アナウンスからスタートしたこの日のライブ。抽選でチケットを購入することができたDEEP SQUADのファンクラブ「DEEP LINK」の会員が“搭乗”している会場に「VIVA SUMMER!!!!!!」のイントロが流れ始めると、テンション高いマイクパフォーマンスでオーディエンスを煽りながらメンバーが現れた。客席はもちろん準備万端で、会場は早くも一つになって最強のパーティチューンを楽しんだ。ドラマ『30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい』(テレビ東京系)エンディングテーマになった「Good Love Your Love」は、心地いいグルーヴに包まれながら自然と体が揺れるようなナンバー。続く「YOLO」では極上のボーカルとコーラスを聴かせながらも、ふとした瞬間にそれぞれの素の魅力が伝わってくるようなパフォーマンスが楽しい。6人がステップを揃えるサビも、肩の力が抜けていてとてもいいムードだ。

 最初のMCでは、宇原雄飛が「夏の最後に、僕たちと皆さんで最高の思い出を作りたいと思いますので、最後まで楽しんでいってください」と挨拶。KEISEIは「僕たちは喉を枯らして、皆さんは手が腫れるくらいまで楽しんでいきましょうね!」と客席に呼びかけた。

 次のセクションでは、バラードを2曲披露。まず杉山亮司が切ない表情で歌い出した「変わりゆくもの変わらないもの」は、大切な人を思う気持ちに胸が締め付けられるようなナンバー。ぎゅっと瞳を閉じて、時にはそっと胸に手を当てながら感情を表現している6人の姿が、楽曲の世界観を深めていく。DEEPの代表的なバラードでもある「君じゃない誰かなんて 〜Tejina〜」では、そこまでバラバラに立っていた6人が半円を描くように立ち位置を変え、静かに熱く歌い出す。ピアノの音色が寄り添う6人の声がどんどんエモーショナルになっていき、エンディングでは、張り裂けそうな思いを乗せたYUICHIROの素晴らしい高音のフェイクに思わず息を呑んだ。

 2度目のMCではメンバーも椅子に腰掛け、視聴者からのコメントを読みながら夏の思い出トークを披露していく。TAKAはキャンピングカーのレンタルサイトを見まくっていたらしく「6人で全国まわって、ライブしたり、バーベキューしたり、川に行ったりしたら最強だなと思って調べてたら、9月18日になった(笑)」というエピソードを披露し、比嘉涼樹は「今年の夏はマジで何もなかった」とボヤきながらも「地元の沖縄にいた頃は学校帰りに海へ行ったりして青春してたけど」と振り返る。YUICHIROはあまりにも綺麗な山の星空に見惚れながら歩いていたらガードレールを体ごと超えてしまったらしく、メンバーは「いきなり視界から消えたから"終わった"と思った」「向こう側が崖だったら大変なことになってたけど芝生だった(笑)」「星を見ながら星になったらシャレにならない(笑)」と、結局は笑い話に。「実は今年の夏、ある女性を愛してしまいました」と切り出したのはKEISEI。「その人は大阪に住んでいて、旦那と、DEEP SQUADっていうグループで頑張ってる21歳くらいの息子がいて……」と話を続けると、すかさず「それ、僕のオカンです(笑)」とツッコミを入れる宇原。家族まで巻き込む茶番を繰り広げ、会場は大爆笑となっていた。

 そんな6人の仲の良さが伝わってくるトークを挟みながら、ここでは事前にファンから寄せられた夏エピソードをもとに、その素敵な思い出に寄り添うような楽曲が披露された。まずは、あいみょん「マリーゴールド」のカバー。サビのアカペラから始まり、柔らかな鍵盤の音色と共に作り上げていくハーモニーは柔らかい風のようだ。「Deja Vu」ではチルなムードに包まれながら体を揺らし、杉山が作詞に参加した「夏薫風」はどこか懐かしい景色を思い出させてくれるようなメロディに酔いしれる。あれだけ爆笑していたのに、歌い出せば空気が一転。これもまた、DEEP SQUADならではの魅力だと思う。

 次の楽曲「Pouring rain」は、比嘉が出演した映画『HiGH&LOW THE WORST X』の劇中歌であり、宇原、杉山、比嘉の3人だけで歌唱する初めてのオリジナルソングだ。バックには映画の映像も流れていて、繊細な歌声と美しい身のこなしで雨を表現する3人のパフォーマンスが、ドラマチックさを際立たせるような演出になっていた。

 DEEPメンバー3人で披露したのは「汚れたシャツと星の夜」。ライブでこの曲を歌うのは久しぶりということだったが、歌詞だけでなく、ボーカル自体から大人の愛を感じる名曲だ。その後のMCでKEISEIが、この2曲に通じる魅力を男泣きや男歌みたいな感じだと表現していたが、それぞれの世代感もしっかり伝わってきてとても聴きごたえのある曲になっていた。しかし「僕らの世代の指輪といえば、工事現場のナットですけどね(笑)」とYUICHIROが懐かしいドラマの話題を口にしたことで、TAKAが「SAY YES」(CHAGE&ASKA)を歌い出し、KEISEIもモノマネしながら乗っかっていくという大渋滞に。自由すぎるトークで盛り上がったまま、ライブはいよいよ後半戦へと突入した。

DEEP SQUAD

 「Day Dream Fantasy」では観客とともにタオルを振り回し、映画『チェリまほ THE MOVIE 〜30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい〜』の挿入歌「Gimme Gimme」では、宇原が配信用のカメラを持ってメンバーの笑顔を映している。このリラックスしたムードと、爽やかでポップな曲調のマッチングが最高だ。そこから本日2度目の「VIVA SUMMER!!!!!!」へと突入したのだが、MVでもお馴染みのダンスバージョンで披露。カメラ目線で笑いを取ったり、KEISEIが全力のクロールや腕立てをしたりと、自由なパフォーマンスがステージ上のあちこちで繰り広げられた。曲の後半ではチェキのプレゼント大会を挟むなど盛りだくさんの構成になっていて、彼らの旺盛なサービス精神やダンスの破壊力に圧倒されっぱなしだった。

 本編ラストは「AMAZING DAYS」。楽しかったこの時間を愛おしむように、そして心と心を繋ぐように、メンバーとオーディエンスがしっかりと向き合い、心の声を重ね合っていた。

 アンコールではまず、6人それぞれの思いが歌詞に反映されているという「夢の途中」を披露。DEEP SQUADの軌跡を振り返るような映像をバックに歌われたのだが、込み上げてくるものがあったのだろうか。杉山が何度か涙を拭う場面があった。

 最後のMCではそれぞれが今の思いを語っていく。まずKEISEIは「DEEP SQUADは僕にとっての血であり、人生でもある。これからもっと世の中が良くなっていくように、祈りながら歌を届けていきたいです」と語る。比嘉は「夏の最後に最高の思い出が作れて、本当に幸せです。『iCON Z(~Dreams For Children~)』への参加で不安に思ってる人もいると思いますが、みんなと一緒にもっといい景色を見にいくために覚悟を決めて参加しました。皆さんの応援がパワーの源なので、これからもついてきてくれると嬉しいです」と思いを伝え、宇原も「久しぶりのワンマンライブで皆さんに会えて嬉しかったし、最高の夏の思い出ができました。『iCON Z』への参加にはいろんな意見もあると思いますが、これからも全力で皆さんに恩返しできるように頑張りたいです。応援よろしくお願いします」と笑顔を見せる。杉山は「今日は父親の四十九日。一度もライブに連れて来られなかったが、今日来てくれている気がしました。このライブが実現できたのも皆さんのおかげです。本当に感謝しています」と、先ほどの涙の理由を語っていた。

 YUICHIROはまず杉山に「届いているよ」と声をかけ、「直接会えるライブは自分たちの思いが直に伝わる。今日は僕たちから元気をもらえましたか? 僕たちも皆さんからの元気を受け止めています。これからも一生懸命歌っていきたいと思います!」と晴れやかな表情で会場を見渡した。最後にTAKAは「変幻自在なボーカリスト集団ということで、形を変えながらエンタテインメントを展開していくのが僕らの強みです。『iCON Z』第二章への挑戦も、DEEPオリジナルメンバーのいろんな活動も、“For DEEP SQUAD”。不安に思わず、6人あってこその活動だと信じてついてきてほしいです。 地球に80億人もいる中で、皆さんと音楽で出会えたのは奇跡。これからも“DEEP LINK”の深い絆で結ばれた皆さんと、幸せな時も苦しい時も分かち合いながら進んでいけたらと願っています」と締めくくり、6人は記念すべきデビュー曲「Get With You」を最後の曲としてパフォーマンスした。

 卓越したコーラスワークや個々のボーカルスキルはもちろんだが、ファンへの思いや音楽そのものに対する愛もしっかりと伝わってきたこの日のライブ。単なる楽曲を届ける場所としてだけではなく、この瞬間が、この歌が、“あなた”の生活や人生の一部になればーー。ライブというものに対するDEEP SQUADの初心が込められたような2時間であり、再会の機会が待ち遠しくなる余韻を残したステージだった。

この記事の写真

記事タグ


コメントを書く(ユーザー登録不要)