森山直太朗が主題歌を務める日本テレビ系水曜ドラマ「家庭教師のトラコ」が、今夜最終回を迎える。

 「家庭教師のトラコ」は、「合格率100%を誇る 謎多き家庭教師」の主人公:トラコ(橋本愛)が、受験勉強よりも難問だらけの3家族を救う個別指導式ホームドラマ。

 第9話までを通し、トラコが子供たちそして両親ともさまざまな衝突を繰り返しながら絆を深め、人として大切なものに気が付いていく様子が描かれてきた。

 先日行われた、スタジオ撮影の最終日。鈴木保奈美をはじめ主要キャストがドラマではお馴染みの定食屋『万福亭』でクランクアップ後の記念撮影中、スタッフから「みなさんのクランクアップをお祝したいとスペシャルゲストに来ていただいております」と声がかかると、「万福亭」の入口からサプライズ登場したのは森山直太朗!

 キャストから「え~っ!」「キャー!」と歓声があがる中、森山が撮影を終えたキャスト、スタッフへ労いを込めて挨拶。すると、冒頭から森山自身が想定外に感極まってしまい、涙目での祝福コメントに! キャストから「(まだ)誰も泣いてないよ~」との声が飛ぶなど、スタジオが和やかな雰囲気になる中、さらに「きょうは控え室で、窓の外を見たら『茜空』が広がっていましたし、せっかくなので歌いたいなと・・・」と森山が告げると、キャストからは「すご~い」「やばい!」と声が上がりさらなる盛り上がり状態に!ギター1本で歌唱した主題歌「茜」は、沁み入る歌声がスタジオを優しく包みこみ、いつまでも拍手が鳴りやまぬ特別な時間となった。

森山直太朗コメント

スタッフの皆さんのご好意に甘えてスタジオにお邪魔させていただきました。

最終話を収録している「トラコの現場」は程良い緊張感に満ち、温かく、活気に満ちていました。

橋本愛さんはじめ、演者、スタッフの皆さんがキラキラしていて眩しくて涙が出てしまいました。その輝きに無意識なほど人は美しく映ります。

「万福亭」で歌まで歌わせていただき、まさに至福のひととき。

素晴らしい時間をありがとうございました。

橋本愛コメント

森山さんのギターの弦を弾く指が微かに震えていて、それなのに奏でられる音は強く繊細でした。
窓もないスタジオのセットの中に、夕陽が差して、秋の風が吹き、虫の声が聴こえるようでした。
森山さんの唄には、日本の自然の美しさを感じます。
真摯にドラマを見てくださり、救われる思いでした。本当に、ありがとうございました。

この記事の写真

記事タグ


コメントを書く(ユーザー登録不要)