優勝チームを前に杉良太郎、EXILE TETSUYA、KENZO(DA PUMP)、MIHO BROWN、向井地美音、

 杉良太郎が名誉会長を務める一般社団法人日本国際ダンス連盟 FIDA JAPAN主催による第1回目の『FIDA GOLD CUP』が11日、都内で行われ、世代を超えてダンスを楽しんだ。杉は「舞台で楽をしてはお客さんは喜ばない。お客さんが自分も頑張ろうと思ってもらえるようなステージにしてほしい」と次回開催に期待感を示し、参加者にエールを送った。

 【動画】各チーム&AKB48のダンスパフォーマンス、大会・囲み取材ダイジェスト

 Dリーガーと、65歳以上のシニア世代「GOLD」、高校ダンス部、ジュニアの4部門から全10組のダンスチームが参加。赤と青のチームに分けて対戦した。優勝したのは赤。うち「GOLD」部門のFOREVER CHANCE(神奈川県)に所属する大森康子さんは「77歳で、ダンスを始めたのは3カ月前です。レッスンをするのが楽しい。練習に付いていくのは大変ですが、一生懸命頑張りました」と喜んだ。

 今回、多くの高齢者が参加した。杉良太郎は「毎日の練習が大切です。何日間か練習を休むと元に戻ってしまう。戻らない為には、毎日続けることが大事。だから、今回出場していただいたチームには、すぐに来年を目指して頑張ってほしい」と期待を示し「舞台で楽をしてはお客さんは喜ばない。お客さんが自分も頑張ろうと思ってもらえるようなステージにしてほしい」とエールを送った。

 厚生労働省 健康クリエイターで本大会のスペシャルサポーターを務めたEXILE TETSUYAは「素敵なダンスばかりで最高でした。たくさんの笑顔が生まれたイベントになりました。高齢者の方々がダンスと出会うことでどのように健康になっていくのか見届けたいし、その証明もしたいと思っている。今日は、健康とダンスを繋げるとこんなにもハッピーな空間を生むことが出来ると実感しました」と期待感。今後も規模を広げて開催していきたい」と手応え。

 審査員として参加したKENZO(DA PUMP)、MIHO BROWN、向井地美音(AKB48)も「素晴らしかった」と太鼓判を押した。

 この日は、AKB48のゲスト参加。歌唱しないダンスパフォーマンスだけで「根も葉もRumor」を披露した。なお、AKB48からは川原美咲、小林蘭、込山榛香、中西智代梨、永野芹佳 、武藤小麟、山邊歩夢、湯本亜美が参加した。

Photos

記事タグ


コメントを書く(ユーザー登録不要)