田中圭

 田中圭、山本舞香、堤幸彦監督が10日、都内で行われたHuluオリジナル『死神さん2』配信記念イベントに登壇した。

 【動画】配信イベントでは田中圭が流行らせたい?ピースも披露

 大倉崇裕氏の『死神さん 嫌われる刑事』(幻冬舎文庫)を原作にした『死神さん』の続編。

 『死神』と呼ばれ警視庁で最も疎まれ嫌われている冤罪事件の再捜査に挑む刑事、儀藤堅忍(ぎどう・けんにん)が、事件ごとに代わる相棒とともに、闇に葬られた真相をあぶり出していく1話完結の刑事ドラマ。

 主演は前作に引き続き田中圭。前作を終えてから改善点などが浮かんできたといい「2の撮影に入るのが楽しみで、楽しみ過ぎたところがあったかもしれないですね」と心待ちに臨んだという。

 続編は一般的に、役を統一させるために前作などを観てから臨むものだが、あえてそれをしないで現場入り。「ちょっと変えたいところもあったので」とその狙いを明かすも、司会者からも儀藤の雰囲気は変わった?という問いに「だいぶ変わったかもしれないですね」と笑った。

 堤監督からも「笑い方も違うし、腰の曲げ方の角度も違う」と指摘されると田中圭は「だいぶパワーアップしちゃってる」とはにかんだ。

イベントに出席した堤幸彦監督、田中圭、山本舞香

 今回の作品には、儀藤の2代目パシリ役・小刀祢葵(ことね・あおい)役の山本舞香ほか、相棒役として吉田鋼太郎、奈緒、小関裕太、松本若菜、大友康平らが出演する。

 田中圭「儀藤というキャラクターで絡めるのは嬉しかった。台本があるなかで自由と言うか、無茶なことをしている儀藤と相棒。でもちゃんと1本筋で事件の捜査をしていける、本当に楽しかったなと」

 なかでも7代目相棒・灰田優人(はいだ・ゆうと)役の吉田鋼太郎とは共演回数も多い。田中圭はあるシーンを振り返った。

 田中圭「(吉田)鋼太郎さんが祢葵(山本舞香)と出会ってからちょっとアクションがあって、堤さんが演出をつけて。引きで3人が喋っている時に、まだそのタイミングじゃないけど間違えて振り向いて『間違えた!』って戻って。それを見て笑いを堪えて、それこそゲラスイッチが入りそうになって。なんとか堪えたんですけど、それがそのまま使われていたり、鋼太郎さんの自分のミスをミスとさせない感じがそのまま入っています!」

 それを田中圭と共に現場で見ていた山本舞香も「あれはめっちゃ耐えられなかった~」と笑った。

 Huluオリジナル『死神さん2』は9月17日(土)から独占配信スタートする。全6話、毎週1話ずつ配信。

Photos

記事タグ


コメントを書く(ユーザー登録不要)