善児を討つトウ(NHK)

 NHK大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の第33話が28日、放送され、山本千尋演じるトウが、源頼家(金子大地)にトドメを刺し、そして育ての親でもある善児(梶原善)をも討つ衝撃のラストが描かれた。※ネタバレを含みます。

 善児(梶原善)に育てられた孤児・トウ(山本千尋)。二代目善児として華麗な身のこなしと見事な剣裁きを披露して初登場から話題を集め、第31回では、比企能員(佐藤二郎)の娘で源頼家(金子大地)の側室・せつ(山谷花純)を殺し、初任務を遂げた。そして28日放送の第33回では、謎につつまれた彼女の狙うものが明らかになった。

 横笛を吹く猿楽衆の中に、指の動いていない男がいることに気づいた泰時(坂口健太郎)。その男は、義時(小栗旬)に頼家を殺すよう、命を受けた善児であった。泰時と善児が刀を抜き、そこにトウもあらわれる。

 頼家を守りにきた男たちを一人、二人蹴り倒し、短刀を抜く。あっという間に、泰時をも殴り倒し、さらに加勢にきた鶴丸を一蹴。圧巻の殺陣を披露した。

 頼家と善児の一騎打ちで善児が傷を負い、頼家が善児にトドメを刺そうとした時、トウが背後から頼家にトドメを刺した。

源頼家にトドメを刺すトウ(NHK)

 傷を負い瀕死の善児だが、背後からトウに刺される。

 「ずっとこの時を待っていた」「父の敵」と言い、さらに正面から善児を刺す。倒れる善児に「母の仇」とつぶやきながら、短刀を振り下ろし、善児の息の根を絶った。

 トウは両親を殺した善児への復讐の時をずっと待っていたのだった。

 両親の仇をとったトウだったが、その目には涙が浮かんでおり、復讐を果たすも、育ての親である善児を殺すのに躊躇しているようにも見えた。

 その複雑な心情を山本は繊細な演技で表現していた。

 この衝撃的な展開に放送中から話題に。なかでもトウの動きを絶賛する声も多く、「相変わらず動きがすごい」「山本千尋の殺陣はいつ観ても秀逸。令和のアクションスター」「トウを演じる山本千尋の動きの鋭さが段違い」「戦える女優すごい!!」「トウの殺陣がカッコよすぎて惚れる」「この日のための山本千尋キャスティング」との声が上がっていた。

 ついに、“アサシン善児”がいなくなり、今後、トウはどう物語に絡んでいくのか。鎌倉の世で、誰に仕えどんな任務をこなすのか。山本の迫力ある殺陣にも引き続き注目だ。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)