LDH発のガールズユニットiScreamが17日、横浜MMブロンテで初の有観客ワンマンライブ『i2022』を開催した。昨年6月のデビュー以降、バラエティに富んだ楽曲を発表し、今年4月には待望の1stフルアルバム『i』もリリースするなど、精力的な活動でファンを獲得してきた3人。昼夜2公演が行われたこの日の昼公演では、リリースされたばかりのシングル『Catwalk』からの楽曲も披露され、初々しくも気合の入ったパフォーマンスでオーディエンスを魅了した。

3人のヒストリーをぎゅっと凝縮したオープニング映像が終わると、暗転したステージにスッと現れたRUI、YUNA、HINATA。1曲目「So Bright」はいきなりアカペラで歌い始めるという演出で、3人の迫力あるボーカルが会場中に響き渡った。フレッシュでしっかり芯もあって、前向きな気持ちにさせてくれるような歌声だ。オーディエンスを見つめる表情はとびきりの笑顔。ファンと同じ空間にいられる喜びを噛み締めているようで、見ているこちらも自然と笑顔になった。

 「『i2022』へようこそ。今日は最高の思い出を作りましょう!」

RUIが元気に挨拶し、2曲目「Sugar Bomb」へ。キュートだけどセクシーさもあり、パワフルなだけでなくポップな魅力も顔を出す。1曲の中でいろんな表情を見せてくれる楽曲だ。続く「Pendulum」「Secret Love」では少し大人っぽいニュアンスも加わり、iScreamの振り幅の広さと表現力の豊かさがしっかり伝わってくる流れになっていた。

iScream

最初のMCでRUIは「昨年『iScream Debut Online LIVE Show Case』を行ったこの場所で、夢だった有観客ワンマンライブが開催できて本当に嬉しい」と感謝を伝え、HINATAは「みんなでひとつになって今日のライブを作っていきたい!」と笑顔を見せた。またYUNAはこの日がシングル『Catwalk』の発売日ということで、「『Catwalk』はリリースイベントなどを通してたくさんの方がiScreamと出会ってくれた、思い入れのある曲」であることも伝えていた。

iScream

その「Catwalk」はトレンドのポーズを取り入れたパフォーマンスも楽しく、3人のしなやかなダンスが印象的な楽曲。YUNAのホイッスルボイスで始まる「つつみ込むように…」、エッジの効いたダンスパフォーマンスをガッツリ披露した「Scream Out」とテンポ良く繋いでいき、オーディエンスの前のめりな気持ちをさらに高めていくような選曲で楽しませてくれた。

中盤の「Diamond」と「Maybe… YES」では真っ白の椅子が登場し、3人はリラックスしたムードで歌を届ける。簡単な手元の振り付けを一緒に楽しんだりして、メンバーとオーディエンスの距離がグッと縮まったような雰囲気だ。早いものでラスト2曲。メンバーの動きと映像をリンクさせる演出が取り入れられていた「愛だけは・・・」では、このライブで初披露だというピアノバージョンで歌唱。本編最後となった「茉莉花 -Jasmine-」は3人の歌の表現力に圧倒される仕上がりで、音源とはまたひと味違う深みのようなものを感じることができた。

アンコールではまず、『Catwalk』のカップリング「恋するプラネット」を初披露。軽やかに体が揺れるようなサウンドが心地よく、ファルセットやフェイクなど、3人の多彩な声の表情を堪能することもできた。

最後のMCでは今日のライブを振り返り、アルバム『i』をたくさん聴いてくれたファンへの感謝や、ファンがいるからこそ今の自分達があるという思いを口々に伝えた3人。RUIは“愛を叫ぶ”というグループ名の由来に触れ、「自分達のパフォーマンスを日本中・世界中に届けたいという夢がある。でも愛を叫ぶって簡単なことではないし、10代の自分達に愛を伝えることができるのか、みんなを自分達の歌で幸せにできるのかと思ったりもします。だけど私たち3人なら、いつも皆さんからもらっている愛を歌として返して届けることができると信じてこれからも歌い続けます」と語っていたが、その覚悟も気迫もこのライブにはしっかり刻み込まれていたと思う。

iScream

 咲き誇るひまわりの映像に負けないくらいパワフルな歌声を響かせていた「himawari」、そして最後はファンへのメッセージも込められた「Meant to be together」へ。言葉を大切に、そしてオーディエンスとしっかり心を繋ぐようにパフォーマンスを届けたiScream初の有観客ワンマンライブは、温かい拍手とたくさんの笑顔に包まれながら幕を閉じた。

この記事の写真

記事タグ 


コメントを書く(ユーザー登録不要)