SIRUPがコラボ商品『ジェムソン ジャパン リミテッド 2022』のボトルデザインを監修

 SIRUPが9月5日から数量限定販売される、アイリッシュウイスキー「ジェムソン」とのコラボ商品『ジェムソン ジャパン リミテッド 2022』のボトルデザインを監修。

 ペルノ・リカール・ジャパンが展開するアイリッシュウイスキー「ジェムソン」は、 話題のアーティスト“SIRUP(シラップ)”とコラボレーションした日本限定ボトル『ジェムソン ジャパン リミテッド2022』 を数量限定で発売。

 『ジェムソン ジャパン リミテッド 2022』は日本限定ボトルシリーズの第4弾。アイルランドで造られ、No.1アイリッシュウイスキーとして世界中で愛されている「ジェムソン」が、一つの国のためだけにデザインを開発するのは日本市場向けのみ。

 第4弾は、SIRUPがデザイン監修し、彼と親交があるアーティスト“Kentaro Okawara”がラベルデザインを手がけた。「ジェムソン」とSIRUPは、音楽とライフスタイルをテーマに、ブランドを共に成長させていくことができるパートナーとしてコラボレーションをおこなっており、3月にコラボレーションソング「Superpower」の楽曲とMVをリリースし、話題を集めた。

 今回、そのコラボレーションから限定デザインボトルが誕生。デザインは「Journey – 旅 –」をテーマに、「ジェムソン」がブランド理念として掲げる「人と人との繋がり」を表現。「Journey – 旅 –」の表現としてフロントラベルに描かれるのは、船で旅する2人。その船には“SIRUP”と“IRISH WHISKEY”を冠し、コラボレーションを表現。背景には、2人の世界を彩る様々な「人と人との繋がり」が模様とともに表されている。

 また、ネックラベルには2人が空を眺めながら、これまでの思い出やこれからの出来事に思いをはせる様子が描かれている。さらに、バックラベルには2人が降りた船が描かれ、そこにデザインされている“No One Left Behind”の文字は、SIRUPからの「皆が受け入れられ、楽しく繋がれる世界になるように」とのメッセージ。手書きの文字をデザインに配した。

SIRUP

SIRUPコメント

 人と人を繋ぐこと、そしてどんな人も取り残されない世界、人生は旅、というテーマで日本限定デザインボトルを監修させてもらいました! デザインは、今回のテーマに合ったアーティスト性を持つ、長年の友人でもあるKentaro Okawaraとともに制作させてもらいました。この限定ボトルをゲットして、是非色んな人と乾杯してみてください!

初めて訪れたアイルランドに対する感想とご自分の感性にどのような影響があったか教えて下さい。

――とても美しい国でした! 街に立ち並ぶ建造物、街中に溢れるアート、郊外は豊かな自然と歴史的な建造物、それぞれに圧倒され景色に心打たれながら、人々の優しさに癒されて過ごしました。そして何よりみんなめっちゃお酒飲む(笑)。最高に楽しかったです。大らかな人々や文化に触れて、自分の心もより開放的になりました。

蒸留所を訪問した感想と印象的だったことを教えて下さい。

――想像以上にエンターテイメントに溢れたプレゼンテーションで、まるで遊園地のアトラクションを1つ1つまわっているようで楽しかったです。皆さんが本当にJAMESONウィスキーやお酒を愛してるのが伝わる空間でした。樽からボトルに詰める体験や樽自体を作る体験もさせていただいて、自分自身もどんどんJAMESONを好きになっていきました! 訪問中に色々なウィスキーを飲ませてもらい、ずっと楽しく酔っていた記憶があります(笑)。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)