「宮城・仙台 旅しおり」(菓匠三全)で「仙南地区」を巡った乃木坂46久保史緒里

 乃木坂46久保史緒里が出演する、菓匠三全の「宮城・仙台 旅しおり」動画シリーズの新作が公開スタートする。

 宮城県出身の久保史緒里が宮城・仙台の様々な観光名所を訪れ、その魅力を紹介するシリーズ。これまでに36本の動画が公開され、累計再生数は210万回を超える。今年で6年目を迎える。

 昨年に引き続き今年も宮城で撮影。仙台から南のエリアにあたる「仙南地区」を巡った。

「SUGO <菅生>篇」<8月中旬公開予定>

 まずは「スポーツランドSUGO」へ。ここは「東北のモータースポーツの聖地」とも呼ばれ、さまざまな国際大会も開催されるレーシングコースを有する施設。あいにく雨の中のロケとなったが、当日は偶然テスト走行が行われていて、レースカーの大きな走行音が響き渡る中、サーキットにいることを体の芯から体感。撮影本番では特別に許可を得て、サーキットパラソルを手にしながら実際のコースのゴールラインに立った。(レース本番で使用する)チェッカーフラッグを振ったり、貴重な可愛らしい映像を見ることができる。

久保史緒里

「丸森・阿武隈篇」<9月上旬公開予定>

 続いて県南の丸森へ。丸森駅から阿武隈急行線に乗車。切符を買ってホームで列車を待つ久保。駅舎や車両の感じもどことなくノスタルジックな雰囲気が漂う。列車に乗り、あぶくま駅まで7分ほどの小さな旅だったが、車窓にはのどかな自然の景色が広がり、すぐ横を流れる阿武隈川の川面を眺めながらゆったりとした時間が流れた。間もなく、あぶくま駅に到着。雨天のため、残念ながら阿武隈ライン舟下りは体験できなかったが、川のほとりにある「天狗の宮 産業伝承館」で間近に川を眺めながらひと休み。毎日忙しく活動する久保にとっては癒しのひとときになったようだ。

久保史緒里

「角田・JAXA篇」<9月中旬公開予定>

 最後は同じ仙南に位置する角田市へ。角田市には宇宙開発に関わる色々な施設が。まずは公園にそびえ立つH-IIロケットが一際目を引く「角田市スペースタワー・コスモハウス」へ。内部には人工衛星の模型や実物のロケットエンジンも展示されており、「角田」が小惑星イトカワの地名になっていることも知り驚く。そしていよいよJAXAの「角田宇宙センター」へ。この場所では、実際のロケットの心臓部であるエンジンの研究・開発が行われている。宇宙開発展示室では歴代ロケットの模型や使用されたエンジンもそのまま展示されていて、これまでの研究開発の歴史と進歩がわかりやすく紹介。角田市が市を挙げて取り組む宇宙への熱意に、久保も知的好奇心が刺激されていた様子だった。

久保史緒里

Photos

記事タグ


コメントを書く(ユーザー登録不要)