公開アフレコに臨む杉咲花

 杉咲花が29日、都内で行われた劇場アニメーション映画『ぼくらのよあけ』(10月公開予定)公開アフレコイベントに臨んだ。

 【動画】公開アフレコに臨む杉咲花

 本作は、日本で最も長い歴史を誇るSF賞・星雲賞候補にもなった今井哲也氏による漫画が原作。杉咲は宇宙が大好きな少年・沢渡悠真役の声を演じる。

 この日は、沢渡家の家庭用ロボットであるオートボット・ナナコが悠真を起こす朝のワンシーンと、悠真が学校の授業でペットボトルロケットを飛ばすシーンを公開アフレコした。

 杉咲は「はい!エネルギー満タンです!」と元気よく身振り手振りで笑顔を交えながら「...ぶっとべぇぇ!」などと熱演した。

 報道陣を前にした公開アフレコ。堂々とした演技を披露したが「とても緊張してちょっと足が震えました。表情も動きも決まっているものに対して声を当てる難しさや、キャラクターに気持ちを落とし込むことへのプレッシャーがありました」と告白した。

 すでに本編収録は終えている。「悠真とナナコとの関係性の変化を演じていくのは難しさもあり、温かい時間でもありました」と手応えを口にした。

 人工知能搭載家庭用オートボットのナナコを悠木碧が演じるほか、藤原夏海、岡本信彦、水瀬いのり、戸松遥、朴璐美ら豪華声優陣が出演。

 アフレコ収録時を振り返り「迷うことなく個性的なキャラクターを鮮やかに演じられている皆さんの姿に圧倒されました。導いてくださった感覚もあり、皆さんの声を聴いてそれについていけば大丈夫だと思わせていただきました」と共演声優陣に感謝しきりだった。

 悠真は、明るく活発で宇宙やロボットが大好きな少年。しかし沢渡家のオートボットのナナコには反抗的な態度をとってしまうという役どころ。

 今回の抜擢については「とても緊張しましたが、主人公の声は重要ですし、それをしっかりと表現できるように頑張らなければという気持ちでいっぱいでした」

Photos

記事タグ 

コメントを書く(ユーザー登録不要)