鞘師里保と吉岡里帆

吉岡里帆が舞台初主演を務める「パルコ・プロデュース 2022『スルメが丘は花の匂い』」が22日、東京・伊國屋サザンシアターTAKASHIMAYAで幕が上がった。開演前には公開ゲネプロが行われた。

本作は、岩崎う大(かもめんたる)が作・演出を手掛ける作品。童話の世界に突如迷い込んだ主人公と、なんとか物語を成立させようとする童話の登場人物の奮闘を描く。

シンデレラや浦島太郎など童話の登場人物が生まれる不思議な世界に迷い込んでしまった、会社員の縁緑(えにしみどり)を演じるのは吉岡里帆。「スルメ姫」という物語の主人公として生まれた少女クロエを演じるのは鞘師里保。

クロエの幼馴染であるトム役には伊藤あさひ、クロエの父ハンス役は岩崎う大、クロエの幼馴染でトムの姉・ジーノを演じるのは牧野莉佳、クロエの母・レベッカ役にはもりももこ、旅人役に小椋大輔、スルメが丘に住む預言者・ノバ役をふせえりが演じる。

Photos

記事タグ


コメントを書く(ユーザー登録不要)