豊嶋花

 豊嶋花が、2023年NHK大河ドラマ『どうする家康』に出演することがわかった。徳川家康(松本潤)の正室・瀬名(有村架純)の侍女を演じる。2013年放送の『八重の桜』以来10年ぶり、自身2度目の大河ドラマ。「精一杯演じたいです」と意気込む。

 豊嶋は、2021年に放送された『大豆田とわ子と三人の元夫』で松たか子の娘・大豆田唄を演じ一躍注目を集め、現在放送中のドラマ『教祖のムスメ』(MBS)や、『みなと商事コインランドリー』(テレビ東京)にメインキャストとして出演するなど、活躍が注目されている若手女優のひとり。

 本作には、有村架純演じる徳川家康(松本潤)の正室・瀬名と命運を共にし、名門関口家の侍女として瀬名の世話をする少女・たねを演じる。

 「たねは、侍女として名門関口家に仕えているものの、自分の芯をしっかり持った強い少女だと思います。瀬名の側近であるたねは、どんな人だったのか自分の中で想像力を膨らませて、精一杯演じたいです」

 大河ドラマへの出演は、綾瀬はるかが主演を務めた『八重の桜』以来。当時は6歳、山本みね(幼少期)を演じた。

 「うっすら記憶に残っています。大河ドラマに初めて出演するということで、身内みんなが大騒ぎで喜んでくれました。母親役の長谷川京子さんに叱られるシーンで涙を出せなかったのですが、気持ちはしっかり伝わってくると監督に褒められたのが嬉しかったことを覚えています」

 本作で演じるたねは、名門関口家の侍女として、瀬名の世話をする。元康(のちの家康)が織田方に転じたことで、瀬名とともに捕らわれの身となる。武家の娘らしく、信念を持ち義理堅く、苦しいなかでも瀬名やその子たちを献身的に支え続ける。心細い瀬名にとっては、頼りになる家族のひとりだ。

 瀬名を演じる有村との共演はどうか。

 「有村架純さんは役者としても女性としても尊敬している方なので、共演することができてとても嬉しいです。他にも一緒にお仕事をさせていただきたかった俳優さん方がたくさんいらっしゃるので、みなさんのお芝居を近くでみて学べることがすごく楽しみです」

Photos

記事タグ


コメントを書く(ユーザー登録不要)