新垣結衣

 城桧吏、柴崎楓雅、サニーマックレンドン、吉村文香、神木隆之介、新垣結衣が7日、都内で行われた映画『ゴーストブック おばけずかん』(22日公開)公開直前七夕イベントに登壇した。

 浴衣姿で登壇した面々。新垣は白を基調にした装い。この日が七夕ともあって短冊に願いを書いた。新垣は「頑丈な体がほしい(コロナなくなれ」。込めた思いは…「この先何があっても全部跳ね返すような体が欲しい。努力をせずにパンッ!となったらラッキーだなって。魔法のように叶うと良いな」

 物語が、小学生の子供たちが試練に立ち向かっていく姿を描かいているともあって、同じ年の頃に抱いていた夢を明かすことに。新垣は「漫画家になりたいとか」と明かし、こう続けてほほ笑んだ。

 「漫画を読むのが好きで、それに憧れて真似して友達と絵を描いていたけど、どうにもストーリーがダメでいつの間にか、ここに立っている不思議。何があるのか分からないなって」

 なお先日行われたイベントでは、披露したおばけポーズが話題になった。当の本人は「なってました?」とし、「きょうも見られるかも?」と司会者に期待されるも首をかしげおどけた新垣だったが、報道陣向けのフォトセッションで披露し笑顔を見せた。

おばけポーズを披露した新垣結衣

 本作は、『ALWAYS 三丁目の夕日』『DESTINY 鎌倉ものがたり』など、圧倒的なVFXで観るもの全ての心を奪った日本を代表する映画監督・山崎貴氏の最新作。“どんな願い事も叶えてくれる一冊の本=おばけずかん”を手に入れた子供たちを待ち受ける、数々の試練、新たな出会い、そして別れ――。「大人が知らないベストセラー」として子供たちに愛される児童書「おばけずかん」の世界を圧倒的なVFXで生み出し、手に汗握る冒険と、子供たちの成長物語を描く。

 総勢500人以上の中からオーディションで選ばれた本作の主人公、城桧吏。柴崎楓雅、サニーマックレンドン、吉村文香の子供たちをはじめ、子供たちと一緒におばけの世界へ迷い込んでしまう先生を演じた新垣結衣、古本屋の謎の店主を演じた神木隆之介が名を揃える。

Photos

記事タグ


コメントを書く(ユーザー登録不要)