城桧吏

 城桧吏、柴崎楓雅、サニーマックレンドン、吉村文香、神木隆之介、新垣結衣が7日、都内で行われた映画『ゴーストブック おばけずかん』(22日公開)公開直前七夕イベントに登壇した。この日、心霊体験を明かした城桧吏は、新垣結衣から「マジのやつですね」とお墨付きを得ていた。

 浴衣は初めてという城は笑顔で挨拶。そんな城には心霊体験があるという。仕事で泊まったホテルで怪奇現象。帰宅後も「部屋でパチパチいったり、クローゼットの中でドンという音が鳴ったり、お母さんと2人でやばいねって」

 これに反応したのが新垣結衣。幽霊は「見たことないです。見たくないと思っているので」とシャットアウトしていると明かしたが、その話を聞き「マジのやつです。ラップ音もなって。連れて帰ってきちゃったんだね。一緒にインタビューを受けてもこんなにもあるのかなと思うぐらい話があった」と明かした。

 この日は七夕とともあって短冊に願いを書いた。城は「英語を話せるようになって沢山の人と交流したい!!」。「世界の雰囲気を味わいたい。英語を話せるようになって演じる幅も広げて。海外の方とも交流してみたい」と目を輝かせた。

 本作は、 『ALWAYS 三丁目の夕日』『DESTINY 鎌倉ものがたり』など、圧倒的なVFXで観るもの全ての心を奪った日本を代表する映画監督・山崎貴氏の最新作。“どんな願い事も叶えてくれる一冊の本=おばけずかん”を手に入れた子供たちを待ち受ける、数々の試練、新たな出会い、そして別れ――。「大人が知らないベストセラー」として子供たちに愛される児童書「おばけずかん」の世界を圧倒的なVFXで生み出し、手に汗握る冒険と、子供たちの成長物語を描く。

 総勢500人以上の中からオーディションで選ばれた本作の主人公、城桧吏。柴崎楓雅、サニーマックレンドン、吉村文香の子供たちをはじめ、子供たちと一緒におばけの世界へ迷い込んでしまう先生を演じた新垣結衣、古本屋の謎の店主を演じた神木隆之介が名を揃える。

Photos
コメントを書く(ユーザー登録不要)