埼玉発の3ピースバンド・リアクション ザ ブッタが7月1日、東京・Shibuya Milkywayで『リアクション ザ ブッタ Digital Single「虹を呼ぶ」ReleaseTour〜ツアーに来い来い、あなたの恋〜』最終公演を行なった。

 SOLD OUTとなった本公演は、オープニングアクトにUtaKata、対バンに盟友であるラックライフを迎え、両バンドの熱のこもったパフォーマンスの興奮も冷めやらぬ中、オーガナイザーのリアクション ザ ブッタのステージがスタート。

 「リアクション ザ ブッタ、ツアーファイナルへようこそ!」佐々木(Ba/Vo)の掛け声と共に、ツアータイトルにもなっている「虹を呼ぶ」から幕を開けた。バンド史上初のドラマタイアップとして既に彼らの代表曲ともなりつつあるナンバーを皮切りに、強力なロックチューン「Fantastic Chaos」では激しいビートを刻む大野(Dr)を背に、木田(Gt)と佐々木が向かい合って掻き鳴らす3ピースならではのパフォーマンスで会場のボルテージは一気に最高潮に。

佐々木直人&木田健太郎(撮影 : 西長勲)

 佐々木は「重ねていくことで今日という日が本当に素晴らしい日になったんだなと、今ステージに立って改めて実感しています。」と、地元である埼玉から始まって、宮城、大阪、広島、愛知とこの日まで全国を廻って来たことを噛み締めていた。続くセクションでは、<「そんな奴別れて良かったよな」って友達の言葉に 「でもあいつは悪くないんだよ」となんでかばってしまうんだろう><「なんでこんな返信早いの?」ってそりゃ君を縛ってたいからさ いついつだって 何時だって 僕のものでいなよ>といったリリックがティーンを中心にSNSで話題となっている「ドラマのあとで」「リード」を披露。彼らの持ち味の一つであるオーディエンスの共感を呼ぶリリックは、キャリアと共に着実に培われたサウンドで色濃くなり客席を魅了する。

リアクション ザ ブッタ(撮影 : 西長勲)

 「生きていると自分の存在意義を疑ってしまう瞬間が俺にもたくさんありました。でも助けてくれたのは、このライブだったり、音楽だったり、隣にいる奴ら(二人)だったり、“あなた”だったりしました。そうやって自分を取り戻しながら、少しずつ成長しながら、前に進んでいくことが、俺にとってはバンドを続ける意味だし、それが皆んなに届いていたら嬉しいです。また笑って逢えるように、今日と言う日を終わりにしたいと思います。」と回顧し、全身全霊を込めて「君へ」を歌いあげて本編の幕を閉じた。

 ステージを去る3人に惜しみなく送られた拍手がアンコールへと変わり、再びメンバーはステージへ。晴れやかな表情で感謝を述べつつ、8月に新曲「オンステージ」をデジタルリリースすることをサプライズ発表。それぞれの闘うステージが生きがいであって欲しい、その闘いに向かう気持ちを後押しするリアクション ザ ブッタ史上一番明るいという楽曲を初披露。軽快で小気味良いサウンドにオーディエンスは身を任せ、芯のあるメッセージに拳とハンドクラップで応えながら、ハートフルな大団円でツアーを完走した。

リアクション ザ ブッタ(撮影 : 西長勲)

 ステージで発表された新曲「オンステージ」のデジタルリリースだけでなく、大阪2nd LINEの20周年公演や、ココロオークションのリリースツアー・ゲストアクト、『TREASURE05X 2022』への出演など夏に向けて続々と活動の幅を広げ、次なるステージへと加速していく。

セットリスト

■『リアクションザブッタDigitalSingle「虹を呼ぶ」ReleaseTour〜ツアーに来い来い、あなたの恋〜』ツアーファイナル 2022.07.01@東京・ShibuyaMilkyway

M1. 虹を呼ぶ
M2. Fantastic Chaos
M3. Yadorigi
M4. ドラマのあとで
M5. リード
M6. Seesaw
M7. 君へ
EN. オンステージ ※新曲

この記事の写真

記事タグ


コメントを書く(ユーザー登録不要)