坂本昌行、長野里美、鈴木杏出演舞台『凍える』

 栗山民也氏演出、坂本昌行、長野里美、鈴木杏出演で、「パルコ・プロデュース2022」の舞台『凍える』(原題・FROZEN)が今年10月のPARCO劇場を皮切りに上演されることが決まった。坂本は連続殺人鬼役、長野は被害者の母親役、鈴木は精神科医役を演じる。

 1998年にイギリスで初演され、2004年にはNYで上演され、同年に演劇賞の権威「トニー賞」の「BEST PLAY」にもノミネートされたブライオニー・レイヴァリーのヒューマンサスペンス。重厚で骨太な脚本と「病的疾患による連続殺人」を扱う。家庭内暴力、幼児虐待…社会に潜む病巣が事件となって表出し、毎日のようにニュースとして報道される現代に、疑問を投げかける衝撃のストレートプレイ。日本を代表する演出家・栗山民也氏の手によって、10月PARCO劇場で開幕する。

 栗山が演出を務めたミュージカル『阿国』(1992)で初舞台を踏んで以来、30年ぶりに栗山演出作品に出演、そして22年ぶりにPARCO劇場の舞台に立つ坂本昌行。2016年に第24回読売演劇大賞 優秀男優賞を受賞し、現在は主演するミュージカル『THE BOY FROM OZ」にも出演中の坂本が、今回は幼少に受けた虐待で患った疾病により、児童に執着し殺人を繰り返してしまう難役に挑む。

 20年間愛する娘の生還を信じ続け、娘の死を知らされた今も現実を受け入れることの出来ない母親には待望の栗山民也作品初出演となる長野里美。映画『あなたの番です 劇場版』や舞台『君となら〜Nobody Else But You』、NHK 大河ドラマ『真田丸』などに出演し、媒体を問わず幅広く活躍する長野が、栗山とどんな化学反応を見せるのか期待が高まる。

 そして、『トロイ戦争は起こらない』や『母と惑星について、および自転する女たちの記録』などで栗山演出作品に出演し、2020年には栗山の演出舞台『殺意 ストリップショウ』で読売演劇大賞・最優秀女優賞に輝いた鈴木杏。栗山からの信頼の厚い鈴木が坂本演じる殺人犯の担当精神科医を演じる。

演出・栗山民也:コメント

 いつものことですが、新しい作品と初めて出会う時は、部屋の灯りなど辺りの環境を整え、開演の幕が上がるその時の気持ちで、「えいっ!」とプリントの一枚目をめくります。そして、一気に幕の降りるまで読みます。劇場の観客が感じる同じ時間で、同じ体験をするのです。鉛筆片手に、思いついたことは台本の余白にメモします。これが案外役に立ちます。とにかく、新しい物語に初めて触れた、その時のリアルな実感を大事にしたいのです。

 この「凍える」という劇も、そのように読み始めました。多くの場面のそれぞれの世界感、登場人物である三人のモノローグのバラバラな感情、時間、背景、質感、それらがぐるぐると円環しはじめ、物語が一つの網のように絡みついていきます。こんな複雑で面倒な台本は初めて。すぐにプロデューサーに、「これで、いきましょう」と、電話をしました。

翻訳・平川大作:コメント

 『凍える』には主人公が存在しません。鮮烈な出来事の前では主人公も脇役もなく、個々の人間が自分の置かれた位置からそれに対峙するしかない。三人の独白の連打という、戯曲の形式としてはやや特異な手法でこの作品が語りはじめるのは、そのような状況です。やがて三人が放つ強烈な磁場はお互いを引き寄せ、干渉し、舞台上に意想外の文様を浮かび上がらせることでしょう。三人のキャストの磁場から、栗山さんが描く文様を劇場でぜひ目撃いただきたいと思います。

坂本昌行:コメント

 普段の生活では、なかなか起こり得ない、また、センセーショナルな内容ですが、非常に考えさせられる舞台になっています。

 今までに演じたことの無い『連続児童殺人犯』ラルフを演じます。ラルフという人間になった時に、どのように気持ちが動いてどのようになってしまうのか、僕自身楽しみですし、心も体ものめり込んで行けたらと思います。僕が30年前に初舞台を踏んだ時(1992 年「ミュージカル 阿国」)の演出家が栗山さんだったので、たくさんの時間と経験を経て、再びご一緒できることがとても楽しみです。PARCO劇場に立つのは22年振り(2000年「東京サンダンス〜俺たちの20世紀〜」)なので、22年前とは違った僕を見ていただけたら嬉しいです。劇場でお待ちしてります。

長野里美:コメント

 本作がパルコでの三人芝居であることと、以前から演出を受けたかった栗山民也さんが抜擢してくださったという情報だけで出演を決めたのですが、決
めてから本を読み、おののきました。

 こんなに一人でしゃべるなんて!後半まで共演者と(舞台上で)助け合うこともできない。しかも心情の移り変わりが難しい。今も震えています。けれど、愛する者を失う気持ちはきっと観て下さる方と共有できると信じて立ち向かいます。ナンシーのように。

鈴木杏:コメント

 またハードルが高い戯曲と出会ってしまったなぁと思っ ています。スリリングで繊細な対話のなかに、生きていく上で大切なものが埋まっていそうで、それをたくさん見つけたくて、今から稽古が楽しみです。栗山さんと再会できるのは、ご褒美のようでうれしく、同時に背筋が伸びます!坂本さん、長野さんと向き合った時に生まれるものを大切にして、観に来て下さった方の記憶の片隅に残るような舞台をお届けできるように頑張ります。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)