back numberが17日、新曲「ベルベットの詩」で映画「アキラとあきら」の主題歌を担当することが決定した。

 【動画】公開された映画『アキラとあきら』予告映像

 「アキラとあきら」は「半沢直樹」「陸王」など数々の大ベストセラーを生み出してきた日本を代表する作家・池井戸潤による、対照的な宿命を 背負った二人の若者が、情熱と信念を武器に社会に立ち向かう感動巨編。原作の累計発行部数は70万部を突破し、勢いはとどまるとこ ろを知らず、満を持しての映画化。

(C)2022「アキラとあきら」製作委員会 8月26日全国東宝系で公開

 主演が竹内涼真・横浜流星であることを発表すると SNS 上では若手実力派2人の共演に期待の声や公開を待ち望む声が多く寄せられた。

 主題歌「ベルベットの詩」は、「アキラとあきら」の為に書き下ろした楽曲。彼らにとって「黄色」(2021年9月リリース)以来となる久々の新曲 は予告映像でその一部が公開。

 今回その、感情豊かで人間味溢れるアキラとあきらの魅力が凝縮された90秒の予告映像が解禁。

 アキラとあきらは絶望的な状況を前に、破産寸前の企業の未来と4800人の人生を救うことができるのか...? 若き銀行員たちが過酷な運命に立ち向かい、奇跡の大逆転劇を巻き起こす。

 back numberの三木孝浩監督作品への主題歌提供は「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」(2015年)の主題歌「ハッピーエンド」以来となる。

この記事の写真

記事タグ


コメントを書く(ユーザー登録不要)