BTSが10日、新アルバム『Proof』のリード曲「Yet To Come (The Most Beautiful Moment)」のMVを全世界同時公開した。

 【動画】「Yet To Come (The Most Beautiful Moment)」MV

 BTSは10日午後1時、HYBE LABELSのYouTubeチャンネルに「Yet To Come」のミュージックビデオを公開した。 広々とした砂漠の真ん中に7人のメンバーが座っている場面から始まり、自然と調和した異色の風景が果てしなく広がり、目を離せないようにする。

 「Yet To Come」は、BTSが歩んできた音楽の旅路を振り返ると同時にきらびやかに輝く未来を約束する歌であるだけに、ミュージックビデオもBTSの過去と現在、そして未来に向けた期待感を示している。

 「Yet To Come」のMVの全てのシーンは、BTSの過去のミュージックビデオの中のシーンからインスピレーションを受けた。 広大な砂漠はBTSの痕跡で満たされ、7人のメンバーは思い出を回想するように過去と向き合う。

 「Just One Day」、「Boy In Luv」、「RUN」、「Intro : 花様年華」、「Blood Sweat & Tears」、「Spring Day」、「FAKE LOVE」、「No More Dream」などのミュージックビデオのシーンが現在とつながっている。 場面場面は舞台装置、各種小物など過去のオブジェが具現され思い出に浸らせる一方、今のBTSが登場することで歳月の痕跡もにじみ出て希望の象徴として新しく解釈される。

 BTSは「Yet To Come」のMVで別に、また一緒に歌うが、メンバーたちが一人で登場する場面ではそれぞれ異なる雰囲気が演出される。 特に、7人のメンバーは異なる過去のミュージックビデオの中のオブジェを活用して視線を捕らえる。

 BTSは最初と同じく最後の場面でも一堂に会して自分たちが歩んできた道を思い出し楽しく自由に「Yet To Come」を熱唱する。 バスを発見して走る7人のメンバー、汽車の中で過去を回想しながら歌うBTSの姿は、彼らの新しい旅程を期待させる。

 「Yet To Come」のMVは現実で過去を振り返り、止まらずスタートラインに集まり新たなスタートを予告するBTSを盛り込み、「Best moment is yet to come(最高の瞬間はまだ来ていない)」という歌詞のように、また別のスタートのメッセージを伝える。

 一方、BTSはデビュー日である13日、公式YouTubeチャンネル 「BANGTANTV」で繰り広げられる「Proof」Liveで新曲ステージを初めて公開する。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)