左から凰稀かなめ、小林亮太、鈴木拡樹、神尾佑、毛利亘宏氏

 鈴木拡樹、小林亮太、神尾佑、凰稀かなめ、脚本・演出の毛利亘宏氏が9日、東京有楽町のヒューリックホール東京で、東映ムビ×ステ舞台『死神遣いの事件帖 -幽明奇譚-』公開ゲネプロ及び囲み取材に臨んだ。

 映画と舞台を完全連動させるプロジェクト「東映ムビ×ステ」の第4弾。今冬公開予定の映画『死神遣いの事件帖 -月花奇譚(げっかきたん)-』に先んじて、9日、舞台『死神遣いの事件帖 -幽明奇譚(ゆうめいきたん)-』が幕を開けた。

 舞台版と映画版の主人公・久坂幻士郎を演じる鈴木拡樹は「『幽明奇譚』から始まり『月花奇譚』の上映を控えています。心待ちにしたい。きょうから勝負」と気合を入れた。見どころは歌舞伎。「仰々しく格式の高い歌舞伎のようなものではありませんが、生き様を見せる歌舞伎が随所にあるので、楽しんで頂けると思います」

 久坂幻士郎は『死神遣いの事件帖』シリーズ1作目で死んだかに思われたが、脚本・演出の毛利亘宏氏は「よせば良かったのに1作目で主人公があの世に。どうやら死んでもいないし、あの世にも逝っていない状態と聞いて…。『現世に戻してくれ』という発注を頂きましたのでそれが叶ったものになったと思います」

 これを受け、鈴木も「死んだキャラを生き返らせることは難しいけど、毛利さんが汲んでくれて生き返る事が出来、次回の映画にも出られる」と笑いつつ「脚本を読んだだけで毛利さんと分かる温かみで、それを共演者でぶつけて、その連続。少年社中のよう」と喜んだ。

 一方、朝から緊張しているのは亞門を演じる小林。「無事に初日を迎えられたことが嬉しい」とし、「事件帖で新たに登場する死神として楽しみたい」。

 恐山寂蓮を演じる凰稀は「皆さんの立ち回りがすごくかっこいい。鈴木さんの立ち回りは天下一品」と称えると、鈴木も「凰稀さんもすごい!」と返した。

 幻士郎の父・幻太夫を演じる神尾は「父と子の深い愛がテーマ。幻太夫は言葉で交わすことなく、息子との会話はほとんどが剣。そこを見てほしい」とアクションに注目してほしいと伝えた。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)