清宮レイ

 乃木坂46清宮レイ(19)が18日、都内で行われた映画『死神遣いの事件帖 -月花奇譚-』初日舞台挨拶に登壇した。

 映画と舞台を完全連動させるプロジェクト『東映ムビ×ステ』の第4弾。危機に見舞われた江戸の町を救うため主人公と死神が奮闘する。

 記憶を失ったヒロイン・ハナを演じた清宮レイは映画初出演。「初日舞台挨拶に立たせて頂くのも初めてなので嬉しいです」と笑顔。

 この日は、幻士郎が探偵業を営んでいる事にちなんで解決して欲しい悩みを相談することに。

 清宮は「お洋服で悩んでしまって。19歳になったし、もうちょっと大人っぽいものを着たいと思うものの、カジュアルになってしまう。どうしたら大人っぽい素敵な感じの私服が着られますか」という相談。

 これに安井謙太郎は「まだ若いじゃん!」としつつも、自身が古着が好きということにからめ「オリジナリティ、一点ものが好きなのでおすすめしたいです」とアドバイスを送った。

Photos

記事タグ 

コメントを書く(ユーザー登録不要)