武田玲奈

 大谷亮平、武田玲奈、品川ヒロシ監督、新谷ゆづみ、三原羽衣が23日、都内で行われた『WOWOWオリジナルドラマ 異世界居酒屋「のぶ」Season2~魔女と大司教編~』(5月27日午後11時から放送・配信スタート)完成報告会に登壇した。

 蝉川夏哉氏の同名小説を原作に実写ドラマ化した『Season1』の続編。異世界につながってしまった居酒屋を舞台に、庶民的な居酒屋料理やお酒を通じて温かな人間ドラマが繰り広げられる。『Season2』は、魔女のような女性・イングリドが現れることをきっかけに物語が動き出す。

 料理人・矢澤信之(大谷亮平)が切り盛りする居酒屋「のぶ」で常連客に愛される看板娘・千家しのぶを演じる武田玲奈はこの日、超ミニスカ姿で登壇。ステージがまるでランウェイのように登場した瞬間に華やかに。

 その武田は本編のスピンオフとなるスペシャルショートドラマ「しのぶとエーファの秘密の極上スイーツ編」に新谷ゆづみと出演。同ドラマでは『異世界居酒屋「のぶ」エーファとまかないおやつ』(宝島社刊)などをもとに、“居酒屋料理”とは一線を画す“極上スイーツ”を切り口に物語が繰り広げられる。

 監督が選ぶスイーツは「どれも美味しかった」という武田。なかでも「いちご大福」が印象に残っていたという。一方の本編と同様に脚本・監督を務めた品川からは「その後も撮るから全部食べなくてもいいよと言ってもめちゃくちゃ食べるよね」と食欲ぷりを披露。これに武田は「本当においしくて全部食べちゃいました」とにっこりした。

 なお「しのぶとエーファの秘密の極上スイーツ編」は本編第1話放送終了直後にWOWOWオンデマンドで全2話を一挙配信する。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)