INTERVIEW

小澤愛実

ラストインタビュー「シューロケは永遠!」


記者:木村武雄

写真:木村武雄

掲載:22年05月12日

読了時間:約3分

 5月末を持ってその活動を終えるラストアイドル。小媒体ではデビュー当時からインタビューを行い、その歩みを記録し続けてきた。コロナ禍という未曽有の事態に思うような活動も行えないなかでの今回の決定はまさに道半ば。しかし笑顔で取材に応じるメンバー。その表情からは無念さがにじみ出る。4月27日に発売された『ラストアルバム』は彼女たちにとって最初で最後のアルバム。収録曲を通して歴史を辿りつつ、「僕たちは空を見る」「青春continues」などの新曲で彼女たちの未来を青く描く。今回は阿部菜々実、安田愛里、鈴木遥夏のLaLuce、Someday Somewhereの間島和奏、そしてシュークリームロケッツの小澤愛実に一問一答形式で動画インタビューを実施した。第3弾は小澤愛実。

――今の心境は?

 寂しさもありつつ、最後まで全力で駆け抜けたいと思っています。

――活動のなかでの「喜怒哀楽」。まずは喜んだこと、嬉しかったこと。

 『ミュージックステーション』に出れたことです。

――「喜怒哀楽」。怒りや悔しさ。

 企画で挫折を味わった時です。

――「喜怒哀楽」。悲しかったこと。

 活動終了になっちゃったこと。

――「喜怒哀楽」。楽しかったこと。

 メンバーとの思い出全て。

小澤愛実

――なかでも思い出深いこと。

 1周年記念コンサート(TOKYO DOME CITY HALL)で最初に出て行くところ。

――メンバー、卒業生、スタッフに贈りたい言葉。

 本当に、こんなへんてこな私をありがとうございました。

――シュークリームロケッツ(シューロケ)への思い

 シューロケは永遠!

小澤愛実

――「ラストアルバム」はどんなアルバム?

 聴いていただくだけで、ラストアイドルの全てを感じられると思います。

――新曲「僕たちは空を見る」「青春continues」は?

 「僕たちは空を見る」は活動終了になってしまって後ろ向きな気持ちもあるけど、気持ちを切り替えて前を向いてこれから、まだまだ可能性は広がっている、という自分も背中を押された曲です。「青春continues」は1期生でこんなにもと王道のアイドルを歌えるっていうのがすごく嬉しいので私も披露することがすごく楽しみにしています。

――ラストアイドルの曲のなかでも特に思い入れのある曲は?

 セカンドシングルの「君のAchoo!」です。初めてユニットバトルでシューロケ3人で、まだ歌も踊りも全然できない中、がむしゃらに頑張ってやって。あとくしゃみがポイントで、くしゃみの研究をたくさんしたり、いろいろやっていたので、すごく印象に残っています。(ラストアイドルとしてのセカンドシングルとして)つかみ取れた曲なので一番思い出に残っています。

――挑戦し続けてきたラストアイドル。小澤さんにとっての挑戦とは?

 挑戦とは、自分の限界をぶち破るもの!

小澤愛実

――小澤さんにとってラストアイドルとは?

 私の青春のすべてです。

――ラストの日をどう迎えたい?

 絶対に泣いちゃうと思いますが「いつも笑顔の愛実です!」で笑顔で迎えたいです。

――走り切った感じですか?

 まだ走り切れていないです。走り切れたという達成感はないんですけど、この5月31日までの期間、この残された期間をどう過ごすかが一番大切だと思うので31日を迎えた日にラストアイドルとしてやりきったと思えるように毎日噛みしめて生きていきたいと思います。

小澤愛実

この記事の写真
木村武雄

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)

関連する記事