中山美穂、岩田剛典、阿部サダヲ、岡田健史

 阿部サダヲ・岡田健史がW主演を務める映画『死刑にいたる病』(白石和彌監督)が5月6日、全国公開された。先月12日に都内で行われた完成披露試写会には、阿部、岡田ほか、岩田剛典、中山美穂、宮崎優、鈴木卓爾、佐藤玲、赤ペン瀧川、大下ヒロト、音尾琢真が登壇。阿部の怪演ぶりが話題になった。

 史上最悪の連続殺人鬼(シリアルキラー)からの依頼は、たった1件の冤罪証明だった…。作家・櫛木理宇氏の同名小説の映画化。連続殺人犯・榛村大和役を阿部サダヲ、大和から冤罪を証明してほしいと依頼される大学生・筧井雅也役を岡田健史が演じた。

 阿部、岡田、謎の男・金山一輝役の岩田、雅也の母・筧井衿子役の中山は本作で初顔合わせ。阿部は「お会いしたかった方たちだったので初共演は嬉しかったです」。

 阿部とは面会室でのシーンが長かった岡田。「阿部さんの家に行きたいです。どんな生活をしてどんな役作りをして何を食べているのかを知りたい」と語ると、阿部は「実際に家に呼んだら僕が殺すと思っている?役が抜けてないのかなあ?」と返して笑いを誘った。

 一方、岩田は、現場での阿部の印象を「この映画のポスターのままで、目に光が宿っていなかった。本当に殺されるかと思った」。中山もまた「普段爽やかなイメージとは違う阿部さんの姿に、この映画を観たお客さんが困らないかなと、勝手な心配をしています」。

 見事な怪演ぶりを見せた阿部だが、今後のパブリックイメージに変化が出るのではないかとという懸念に「そういう映画ですし、そういう役だから…。そこはわかってもらわないと、僕もやって行かないといけないし」と笑った。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)