矢沢永吉が4日、73歳を迎える活動50周年の節目の2022年に、自身のもつ69歳の最年長記録を更新し、ソロアーティストとして国内外問わず最年長で、全国スタジアム&ドームツアー『MY WAY』を実施することが決定した。

 半世紀にわたり、ロックシーンを走り続けてきたアーティスト矢沢永吉の“最後”になりうるスタジアム&ドームツアー「MY WAY」は、東京「国立競技場」(8月27日、8月28日)、福岡「福岡PayPayドーム」(9月18日)、大阪「京セラドーム大阪」(9月25日)の3大都市のスタジアム&ドームをめぐる有観客ツアーとなる。

 東京「国立競技場」の開催は、矢沢永吉が「国立競技場」建て替え後、有観客で単独公演を行う初めてのアーティストとなり ます。また、福岡PayPayドームでコンサートを行うこと自体が矢沢にとって27年ぶりの開催であり、ツアーファイナルとなる大阪「京セラドーム大阪」は、4年ぶり2回目の開催となり、まさに活動50周年の記念するににふさわしいスタジアム&ドームツアーとなる

 また、開催発表に伴うプロモーションの一環として、2022年4月4日に、ツアーの舞台となる東京、福岡、大阪で号外を同時配布。本号外は、2面構成となっており、表面は今回のツアーに関する概要が、裏面にはツアーポスターが描かれる。※枚数限定。なくなり次第配布終了。

 加えて、4日18時から「MY WAY」ツアーの最速先行予約受付がファンクラブ限定で開始される。

矢沢永吉コメント

え~どうも。矢沢永吉です!あっという間に50年!走り抜けました。50周年ライブで新国立競技場やります!よろしく!

号外記載文章

 矢沢永吉が今年デビュー50周年を迎え、その記念となる、スタジアム&ドームツアーの開催が決定した。9月に行われる東京、 福岡、 大阪の3か所、4公演で、本日から最速先行予約受付がファンクラブより開始される。矢沢のメモリアルなステージを見逃すな!

 実に半世紀もの間、ミュージックシーンの第一線を走り続けてきた矢沢は、1972年にロックバンド「キャロル」の中心メンバー として鮮烈に世に登場した。75年にソロデビュー、78年の「時間よ止まれ」 がミリオンセラーになったのを手始めにヒット曲を連発し、 「YES MY LOVE」 「SOMEBODYS’ NIGHT」「PURE GOLD」「ラスト・シーン」など、現在にいたるまでに数多くの名曲を生 み出している。

 矢沢はライブで圧倒的な魅力を放つ。聖地・日本武道館(ここでの公演回数は日本のソロアーティストで最多の146回!) のほか、全国各地のコンサートホールで数々の伝説を残し、アメリカでのツアーも成功させている。艶のある歌声、ハートを揺さぶる シャウト、颯爽としたパフォーマンス、そしてその生きざまが醸すカリスマ性が、E.YAZAWAと染め抜かれたタオルをまとう長年のファ ンだけではなく、若いオーディエンスをも熱狂させる。永ちゃんのカッコ良さは世代を超える。

 50年の歩みを重ね、矢沢の新たな歴史が始まる。その幕開けとなる本ツアーは8月27日・28日の国立競技場(建て替え後 初の有観客コンサート!)でスタートし、続く18日は福岡PayPayドーム、そして25日の京セラドーム大阪で締めくくられる。 公演タイトルは、その名も「MY WAY」。ステージで繰り広げられるYAZAWAWAY、レジェンドの魂のアクトにしびれたい!

東京、福岡、大阪で同時配布された号外

全国ドームツアー実施概要

ツアー名: 「MY WAY」
会場: 東京「国立競技場」 福岡「福岡PayPayドーム」
大阪「京セラドーム大阪」
日程: 国立競技場 8月27日(土)、28日(日) 会場16:00、開演18:00開演 ※雨天決行・荒天中止
福岡PayPayドーム 9月18日(日) 会場16:00、開演18:00開演
京セラドーム大阪 9月25日(日) 会場16:00、開演18:00開演 企画/制作: (株)ズィープラスミュージック
特設ページURL:eikichiyazawa.com/50th_myway

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)