シンガー・ソングライター山下達郎が1日、オリジナル・アルバムを6月22日に発売することを発表した。アルバム・タイトルは「SOFTLY」、2011年に発売された「Ray Of Hope」以来、11年ぶり、通算14枚目のオリジナル・アルバムとなる。

 アルバム・タイトルにはこの動乱の時代を音楽で優しく・柔らかく包み込みたい、との山下の切なる思いが込められている。

 映画「陽だまりの彼女」の主題歌であった「光と君へのレクイエム」、ドラマ「営業部長 吉良奈津子」の主題歌「CHEER UP!THE SUMMER」、そして、映画「ナミヤ雑貨店の奇蹟」の主題歌「REBORN」、さらには、細田守監督作品、映画「未来のミライ」のオープニングテーマ「ミライのテーマ」、日曜劇場「グランメゾン東京」の主題歌「RECIPE(レシピ)」などの大ヒット・シングルに加え、「JAL HAWAII Style yourself」篇CMソングの「LEHUA, MY LOVE」や、モデルのローラの出演で話題となった、エステティックTBC/ソシエ エステティック TV-CMソング「SHINING FROM THE INSIDE」など、CM曲の初CD化音源も収録。完全新曲も多数収録、この11年間の集大成とも言える、全15曲の豪華かつバラエティに富んだ内容となった。

 尚、既存曲には全てニュー・ミックスが施され、格段に音質がUPしている。

 初回盤CDにのみ付属するプレミアムCDには2021年12月3日に「サンデー・ソングブック1500回記念」としてTOKYO FMホールで行われたアコースティック・ライブから貴重かつ最新のライブ音源7曲を収録。 

なおも進化し続ける唯一無二のアーティストによる唯一無二の最新アルバム、「SOFTLY」。本日よりアルバムの特設サイトがオープン、発売告知のトレーラーも公開。

 尚、山下達郎は6月11日から全国ホール・ツアーを開催する。

 24都市47公演、6月から11月までの半年間のツアーとなり、ホール・ツアーは2019年以来、3年ぶりの開催となる。

山下達郎コメント

実に11年ぶりのオリジナル・アルバムです。

思うところあり、ここ十余年はライブ一辺倒で過ごして来ましたが、

ようやく完成したニュー・アルバムは、今の音楽シーンの中で私に出来ることは何かを再確認するものとなりました。

いつものように今回もまた色々と試行錯誤のレコーディングでしたが、

諸々の課題と対峙し乗り越えようとする意志があるうちは、まだ現役を続けられるかなと思っています。

■山下達郎「SOFTLY」特設サイト

https://tatsurosoftly.com

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)