田中圭、大島優子、南沙良、河合優実、莉子、茅島みずき、城定秀夫監督

田中圭が23日、都内で行われた映画『女子高生に殺されたい』(4月1日公開)完成披露上映会に登壇した。古屋兎丸さんの同名コミックが原作。女子高生に殺されたいがために高校教師になった男・東山春人の9年間に及ぶ“自分”殺害計画を描く。

東山を演じる田中圭は、担任を受け持つクラスの生徒を演じた南沙良、河合優実、莉子、茅島みずきを前に「この子たちとお芝居できないというぐらい、目を見るだけでキラキラして罪悪感があって」とフレッシュさとその輝きに当初はたじろぐこともあったようだが「堂々と芝居しないといけないから毎日走って。そうすれば自分もキラキラしていると暗示がかけられると思った」と振り返った。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)