「みんなのうた」2022年4月〜5月に放送される新曲が決定した。Perfumeの『さよならプラスティックワールド』、Jr.EXILEの『金色のバトン』、谷山浩子の『きみがいるから』、BiSHの『ごめんね』の4組。Perfume、Jr.EXILE、BiSHは『みんなのうた』初登場となる。

以下、新曲の概要。

■『さよならプラスティックワールド』(2分30秒) うた:Perfume

作詞・作曲:中田ヤスタカ / アニメーション:大谷たらふ

 情報や選択肢にあふれている社会の中で、自分らしく生きるということが難しいこともあるけれど テクノロジーがあるからこそ豊かになっていることもたくさんある。自分を信じて素敵な未来を生きるにはどうしたらよいのか? ポップなメロディーにのせて描かれた楽曲。うたは、みんなのうた初登場のPerfume。最先端の技術を使ったエンターティンメントを次々に生み出すグループ。悩みながらもしなやかに未来に向かっていく希望のある映像で届ける。

■『金色のバトン』(2分30秒) うた:Jr.EXILE

作詞:小竹正人 / 作曲: FAST LANE、MATS LIE SKARE/ 映像:擬態するメタ

 今回は、4つのグループがバトンを渡すように歌いつなげていく楽曲を送る。みんなのうた初登場のJr.EXILE。ダンスボーカルグループが織りなす力強い楽曲に注目。周囲にいる人を大切に思う気持ちや壁にぶつかった時、そっと人々の背中を押してくれるような温かさも込められている。映像は、若手作家ユニット「擬態するメタ」が、絵本をモチーフに映像を紡ぐ。

■『きみがいるから』(2分30秒) うた:谷山浩子

作詞・作曲:谷山浩子 / 編曲:栗原正己、谷山浩子 / アニメーション:竹内泰人

 ユニークなテーマ、視点での歌作りをつづけてきた谷山浩子。「みんなのうた」9作目。今まで一度も取り上げたことのない“もの”が、今回のテーマ。「きみがいるから わたし今日も生きてる」と言い切れる、最高の「きみ」といえば、普通は、家族、友達、恋人から、動物...まで、人それぞれに思 い浮かべるところ。いつも一緒で、どんな時も、自分を支えてくれている“カラダ”に向かって、その働きを労い、称え、感謝を歌う。やさしく、あたたかく、そして語りかけるように。たくさんの仲間と一緒に生きているんだ、一緒なんだ、と、思わず元気とやさしさがじんわ りと沁みてくる、まさに不思議で楽しい谷山ワールド満開ソング。

■『ごめんね』(2分30秒) うた:BiSH

作詞:渋谷あつし / 作曲:松隈ケンタ / アニメーション:谷耀介

 個性的な存在感で若い世代からも人気を誇る BiSH。今回、みんなのうた初登場。 テーマは「ごめんね」。すぐに謝ってしまえばいいのに、なかなかそれが素直にできないこともあります よね。老若男女、どの世代にも通じるシンプルなメッセージ「ごめんね」をストレートな歌声でお届けし ます。なつかしさと新しさを兼ね備えたアニメーションもお楽しみに!

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)