三浦大知が、2月11日に放送された「ミュージックステーション」3時間SPに出演し、番組史上初めての企画としてアーティスト自身がカット割りを担当した演出が話題となっている。

 今回は三浦大知が1月に発売した新曲「Le Penseur」のカット割りを自身で担当。

 「パフォーマンス重視で少なめのカット割り」「あまり顔の寄りは入れない」など、番組スタッフ目線とは違ったアーティスト目線での意見が飛び出したという打合せを経て、本番ではそれらこだわりを詰め込んだカメラワーク、そして曲の不穏な世界観を表現する照明やスモークも相まった「Le Penseur」を披露した。

 パフォーマンスを終えた直後、並木アナウンサーから「タモリさんいかがでしたか?」と振られると「すごい緊張感がありますね、これ。」とひと言。三浦大知も「贅沢な経験をさせていただけました」とほっとした表情でコメントした。

 Twitterでは「番組様と一緒に楽しみながら 団結して作られた感が凄かった」「Mステさん最高ありがとう」「大知くんがポロッとこぼれた言葉を拾って企画書出して実現しちゃうMステスタッフさん大好き」と番組やパフォーマンスへの数々の反響があった。

 今回パフォーマンスした楽曲「Le Penseur」(ヨミ:ルパンスール)はフランス語で、ロダンの「考える人」の意。

 ダンスが始まる瞬間のダンサーを含めた5人のポーズはさながら「考える人」のポーズのようで、更には曲の最後に三段積まれたコンテナの上から見下ろす様子も、地獄の門から見下ろす「考える人」を彷彿とさせる。

 そんな「Le Penseur」Choreo Videoがボーナス映像として収録される、2022年1月26日に発売となるダンスクリップ集「Choreo Chronicle 2016-2021 Plus」は、過去2013年・2015年にリリースしたシリーズ作品の第3弾。タイトル通り三浦大知のアイデンティティである”Choreo”にフォーカスした「Dance」を見せる映像作品として約6年振りのリリースとなる。

 収録される全21曲、24本の作品ほぼ全ての振付けを自身で手掛けており、ビデオクリップ集でありながら三浦大知の「振付け」を堪能出来る1枚。

 さらに3月31日からは全国22会場・33公演を巡る全国ツアーが開催予定となっている。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)