青柳翔、玉城ティナ、千葉雄大、永山瑛太、前田敦子

 青柳翔、玉城ティナ、千葉雄大、永山瑛太、前田敦子が2日、都内で行われた『WOWOW開局30周年記念『アクターズ・ショート・フィルム2』完成報告会』に登壇した。それぞれ監督を務めた短編映画作品の思いを語った。

 青柳翔が監督を務めた『いくえにも。』は主人公とその家族の物語、山咲藍が脚本、村上虹郎が主演を務めた。「それぞれ解釈が変わる作品にしたかった」

 玉城ティナが脚本・監督を務めた『物語』は琉花・奥平大兼がW主演。琉花が演じた主人公のモデルは自身を重ねたわけではないが「自分が経験したり想像できるものをテーマにしたかった」

 『あんた』を手掛けた千葉雄大は、監督、脚本、主演の“3役”を務めた。ある男が思いを馳せるのはキャンプを楽しむ女と男。一生続くはずだった関係は、男の一言によって徐々に歪む。共演は伊藤沙莉。「自分が演じてるときはカットをかけづらかったので、伊藤さんにかけてもらったり(笑)」

 『ありがとう』の監督・脚本は永山瑛太。役所広司演じる一人の男の生き様が描く。役所が主演でないと成り立たないとして、自らがオファー。「出て頂けたことだけでも幸せ」

 前田敦子は『理解される体力』で監督を務めた。「思い描くものができる」と根本宗子に脚本を依頼。主演の柳英里紗、三浦貴大には「一語一句全て覚えてください」と願った。「根本さんには25分の尺を15分でやってくださいと言われていたので、すごいセリフ量、相当大変だったと思う」

 5人の監督が顔を合わせるのはこの日が初めて。それぞれ印象的なことを話す場面では、永山がそれぞれの監督作を“論評”。

 なかでも前田作品には、「膨大なセリフ量で、柳英里紗さんへの演出は120%まで行けと言っているような気がした。ただ演じてる本人の気持ちは150%まで行っていると思う。前田敦子さんはサディスティックな方だと思いました」と監督としての前田の思考性を分析した。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)