『大怪獣のあとしまつ』第4弾キャスト(C)2022「大怪獣のあとしまつ」製作委員会

 山田涼介が主演、土屋太鳳がヒロインを務める映画『大怪獣のあとしまつ』(2月4日公開、三木聡監督)の第4弾キャスト出演情報が解禁となり、菊地凛子、二階堂ふみ、染谷将太、松重豊が出演することが分かった。

 誰もが知る巨大怪獣の誰も知らない死んだ後の物語。特務隊員の帯刀アラタ(山田涼介)や、環境大臣秘書官・雨音ユキノ(土屋太鳳)らが巨大怪獣の死体処理に奮闘する。

 そして、国防軍・大佐の真砂千(まさご・せん)をハリウッドでも活躍する菊地凛子が演じる。真砂は、帯刀アラタが所属する特務隊と敵対する役どころ。死体処理を行い、手柄を得ようと策略。菊地は、映画『図鑑に載ってない虫』(07)、ドラマ「時効警察・復活スペシャル」(19)などで三木作品への参加は3度目となる。

 そして、オダギリジョー演じるブルースの行きつけの食堂で働くサヨコ役には国民的女優として活躍する二階堂ふみ。死体処理に乗り気じゃなかったブルースの心を動かすキーマンとなる…?

 大怪獣の姿をカメラで捉え配信し、1億再生を狙う迷惑系動画クリエイター・武庫川電気(むこがわ・でんき)役には実力派俳優染谷将太。自称”ギリギリアウトな男”を名乗り、死体に近付こうと試行錯誤。染谷演じる大クセ動画クリエイターは、見応え十分だ。

 町工場社長の八見雲登(やみくも・のぼる)役には、名バイプレイヤーとして活躍する松重豊。死体処理方法を発明して、特務隊に売り込みにくる謎の人物として作品を盛り上げる。

 二階堂、染谷、松重の三人はドラマ「熱海の捜査官」(10)で三木作品に出演。その後ドラマ「時効警察はじめました」(19)最終回で再共演していた。

 菊地演じる真砂と特務隊が口論となる、緊迫感漂うシーンでは、菊地が過去に出演したあの名作ハリウッドSF怪獣映画を彷彿とさせるセリフが飛び出す…!?

 すでに解禁となっていた豪華俳優陣に加えて、新たに4人の日本を代表する個性派俳優が参戦。まさに今まで誰も見たことのない“空想特撮エンターテイメント”にふさわしい“クセ強な”キャストが集結した。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)