Jリーグは、2021年シーズンに活躍した選手・監督、クラブ、審判などの功績を讃えるとともに、最優秀選手賞などの各賞を発表し、表彰を行うJリーグの年間表彰式「2021 Jリーグアウォーズ」を、12月6日に開催した。表彰式には、各賞の受賞選手に加え、総合司会としてお笑いコンビ・ナインティナインの矢部浩之、各受賞者にインタビューを行うステージ MC として、日向坂46の影山優佳と、芸能界屈指のサッカー好きな二人を迎え、各賞の受賞者を発表。2年ぶりに少数のファンサポーターを会場に招待して行われた当表彰式の模様は DAZN をはじめ、スポーツナビ、ニコニコ生放送などの各種プラットフォームやJリーグ公式メディア(YouTube、LINE LIVE)で生配信された。

 表彰式冒頭、2021 年の J リーグを総括するオープニング VTR の上映後に、この日総合司会を務めるお笑いコンビ・ナインティナインの矢部浩之がタキシード姿で登場。各賞の発表前ということもあり、会場には緊張感が漂う中、「ついにこの日がやってまいりました。どの選手・クラブが受賞するのかワクワクしますが最後までよろしくお願いします!」と引き締まった表情で表彰式への思いを語った。

矢部浩之(写真提供:Jリーグ)

 表彰式では、『フェアプレー賞』や『ベストイレブン』など 2021 年シーズンを象徴する監督、選手、審判、クラブの表彰を次々に実施した。受賞選手のインタビューを行うステージ MC として登場した日向坂 46の影山優佳は「こんばんは。あなたのハートにゲーゲンプレス!日向坂 46 の影山優佳です!」とお馴染みの挨拶を元気良く披露。少し緊張した表情の影山ですが、J リーグや日本サッカーの発展のために貢献した選手に贈られる「功労選手賞」を受賞した中村憲剛氏に、優勝した今年の川崎フロンターレの強さについて鋭い質問を投げかけると、「すごい質問飛んできましたね...(笑)」と中村氏は驚きを隠せない様子。それぞれの選手のエピソードなども交えながら、サッカー通ならではの一面が垣間見えるインタビューを見せた。

「2021 J リーグアウォーズ」(写真提供:Jリーグ)

 総合司会を務めた矢部も、表彰式を落ち着いた様子で進行する一方で、この日和装姿で登場した前田大然選手に対し、「もう...怖いですね、成人式の暴れる 20 歳みたいですね(笑)」と突っ込みを入れる場面や、「優秀監督賞」を受賞した元日本代表の秋田豊氏に対して、「秋田の方がビックボスですね」と今話題の話に関連したコメントを振るなど、表彰式を盛り上げた。

 表彰式のエンディングで、感想を聞かれた影山は「1サッカーファンとして、名誉ある舞台に参加させていただけて本当に光栄でした!もっともっと私も発信していく立場として頑張っていきたいと思います!」と語り、「今日だけで若手の選手からベテラン選手までいろんなサッカーの面白さを今日だけでも感じ取ることができたので、来シーズンも楽しみです!」と来シーズンの J リーグへの期待をコメントした。また矢部は「番組でよく選手と接しますが、今日(の選手)はいつもと全然違う顔をしていました(笑)今日はやべっち違うよ...、あんまり来ないでという空気感を選手から感じました(笑)」と語り、会場の笑いを誘った。

この記事の写真

記事タグ


コメントを書く(ユーザー登録不要)