ヴァイオリニスト川井郁子が、デビュー20周年を記念して『川井郁子デビュー20周年音楽舞台&コンサート』を12月10日~12日に東京・新国立劇場 中劇場、28日に大阪・梅田芸術劇場メインホールで開催する。

 時代の大変革期、激動の時に散った二人の女性、細川ガラシャとマリー・アントワネット。共に時代の終焉を象徴する二人には不思議な縁があった…。

 マリー・アントワネットが死の直前に妹に宛てた手紙には「私もガラシャのように潔く最期を迎えます」と綴られている。歴史の転換期に誇り高く散った細川ガラシャの物語は、宣教師により17世紀ヨーロッパに伝えられ、オペラ化されたその作品はマリア・テレージアや壮絶な最期を遂げるマリー・アントワネットも鑑賞、ハフスブルク家の人々に大きな影響をもたらした。

 本公演は、第一部と第二部に分かれており、第一部は音楽家・川井郁子ならではの視点から、波乱万丈の人生を歩んだガラシャの心理に迫り、音楽とダンス、そして立体ホログラムやCGを駆使した最先端の映像技術との豪華コラボレーション。“Unframed(アンフレームド/枠にとらわれない)”というアイデンティティを見つめ直し、芸術分野が越境して化学反応を生み出す、ドラマティックな新芸術の舞台を物語仕立ての音楽劇を届ける。

 第二部は<小西真奈美、咲妃みゆ、紫吹淳、中川晃教、秋川雅史>と、それぞれのジャンルで活躍するゲストを毎回迎え、楽曲や歌、舞踊など多種多様なコンサートを行う。

コメント

●川井郁子(総合プロデュース、企画、音楽、脚本、演出、出演)

歴史、文化、様々なジャンルを越境し、音楽との一体感と無限性を感じていただける音楽舞台を目指します。
新しい可能性の扉を開く作品となりますように!

▼第二部・各公演のゲスト

●小西真奈美 【1st Show<12月10日19時>】

この度、このような素晴らしい機会を頂き、
皆さまに少しでも、心安まる、
楽しい時間をお届け出来ますよう、
20周年を祝福する気持ちと、笑顔を持って、
参加させていただけたらと思っております。

●咲妃みゆ 【2nd Show<12月11日13時>】

後日お知らせいたします。

●紫吹淳 【3rd Show<12月11日17時>】

デビュー20周年おめでとうございます。このコンサートは企画・演出を郁子さんご本人がなさっているとか…
以前、郁子さんのコンサートを観せて頂きましたが それはそれは素敵な空間でした。今回お声掛け頂き私もご一緒出来ます事 とても光栄です。
素敵な演奏の中パフォーマンスをお届けする空間を私自身もとても楽しみにしております。

●中川晃教 【4th Show<12月12日13時>】

デビュー20周年おめでとうございます
僕は、川井さんが作曲されたナンバーを歌わせていただきます
クラシックの世界を飛び越えて、さまざまな音楽に出会わせてくれる川井郁子さんという存在に僭越ではありますが、自分自身を重ね合わせています
一緒させていただきますが、このコラボレーションをどうぞ楽しみにしてください
僕も、心を込めてうたわせていただきます

●秋川雅史 【5th Show<12月12日17時>】

川井さんの無限の発想から生まれた音楽舞台は、まるで壮大なオペラのようなドラマティックな世界観があります
今回もその新しい音楽の世界をご一緒させてもらえる事を心から光栄に思います。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)