上白石萌歌

 上白石萌歌、細田佳央太、千葉雄大、沖田修一監督が21日、都内で行われた映画『子供はわかってあげない』の公開記念舞台挨拶イベントに登壇した。

 田島列島さんの同名長編デビュー作を、沖田修一監督が初の漫画原作でメガホンをとり、映画化。主人公とシャイで素朴な青年の甘酸っぱい初恋を中心に、彼女たちを取り巻く宗教教祖の父やジェンダーレスな兄など個性的な人々との青春を描く。

 主人公の美波役には上白石萌歌、“もじくん”こと門司昭平には細田佳央太。ほか、豊川悦司、千葉雄大、斉藤由貴、古舘寛治などが脇を固める。

 撮影は2年前、昨年公開予定だったがコロナ禍で延期。ようやく封切りを迎えた。登壇したキャスト・監督は、ラストシーンを客席の後ろで鑑賞していたといい、上白石はラストシーンはこの映画の「肝」であることを改めて認識。「こんな素敵な夏を過ごしていたと嬉しく噛み締めました」と感慨深く語った。

 「よりよいものにしたいと思った」というそのシーンは、恥ずかしくて大笑いした後に泣くという芝居が当初は「できるとは思ってもいなかった。きっと無理ではないか」と感じながら現場に向かったという。それでも「もじくんを見ると泣けてきてお芝居ではなく笑っちゃった、泣いちゃった感じ」ともじくんを演じた細田に感情が引き出されたと明かした。

上白石萌歌

 この日は映画の物語にちなみ「どうしてもやめられないもの」を明かした。お金を入れてランダムでカプセルに入ったおもちゃが出てくる“カプセルトイ”という上白石は「最近ハマっていて、カバンを置いてしゃがんで回していて、気づいたらすごいお金を使って。ミニチュア系が好きでご当地のレアのアイスがお気に入りで可愛い」とも。これらはカギにつけているといい、千葉から「昔のギャルみたいに?」と問われると「ギャルになりたくて」と笑った。

 改めて「心から大切な作品が公開を迎えて幸せです。昨日は興奮して台本と原作をウルウルしながら読んで。この作品が大切で心の大きいところに占めていたんだと感じました。大切な作品が皆さんにとっても大切なものになったら嬉しいです。ほんのりと活気を得られるような作品になっているので大切な方と観てほしい」と呼び掛けた。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)