城桧吏

 城桧吏、酒井大地、緑黄色社会が4日、都内で行われた映画『都会のトム&ソーヤ』(河合勇人監督)公開記念イベントに出席。城と酒井は、主題歌を担当した緑黄色社会とはこの日が初対面。「大好きな主題歌です」と感謝した。

 はやみねかおる氏による、シリーズ累計180万部を超える推理小説が原作。“究極のゲーム”を作るため、都会の様々な場所を舞台に凸凹中学生コンビが推理と冒険を繰り広げていく。城は本作が映画初主演となる。

 主人公の内藤内人を演じる城は、主題歌「アーユーレディー」について「冒険や2人の友情、夢に対する思いなどマチトムのワードがたくさん入っている、大好きな歌です」。内人とバディを組む相棒・竜王創也の酒井は「聴いた時に鳥肌が立った」とし、歌詞からシーンを思い起こされ「曲を聴いて初めて泣いた」とも。2人とも主題歌をよくくちずさんでいたようだ。

 主題歌のオファーを受けて「嬉しかった」と話すのは緑黄色社会の長屋晴子。作曲にあたっては監督に一任されたといい「ワクワクする作品でしたのでワクワクをどう伝えようか考えました」。同・小林壱誓も「少年目線もありますが、僕たち世代で夢を忘れかけている人にも届くと良いと思った」、peppeは「中学生の時のワクワク感を思い起こしてレコーディングした」、穴見真吾は「映画のメッセージが思い起こされるようにしたかった」とそれぞれ曲に込めた思いを語った。

 その後、緑黄色社会がお気に入りシーンを紹介。peppeが、内人と創也が土手を走るシーンを挙げると、これまでの舞台挨拶でそのシーンが好きだと言っていた城は「あのシーンで2人の距離が縮まった」。また穴見が、Zからゲームを招待されたシーンでの内人の表情を挙げ、ひそかに思いを寄せる美晴も一緒に行くよと言われた時の表情が青春を思い出すとすると照れつつ「素直に表現しました」とその舞台裏を明かした。

 話題は夏に準備したいこと。今年受験生になる城は、教科は「すべて苦手。体育しか得意じゃない」と苦笑いを浮かべていた。改めて城は「このように舞台挨拶ができてうれしい」と感謝した。

城桧吏、酒井大地、緑黄色社会

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)