キックオフイベントに参加した東条加那子、立木文彦、日野聡、水樹奈々、こがけん

 東条加那子、立木文彦、日野聡、水樹奈々、こがけん(おいでやすこが)が27日、都内で行われた映画『ザ・スーサイド・スクワッド“極”悪党、集結』(8月13日公開)キックオフイベントに出席した。

 『アベンジャーズ』シリーズの製作総指揮も務めるジェームズ・ガン監督が仕掛ける最新作。クレイジーでぶっ飛んだ悪党チーム“新生スーサイド・スクワッド”のメンバーで、日本でも大人気の“悪カワ”ハーレイ・クインの声優を務める東條加那子。

 経験豊富な接近戦の達人サバント役を演じる立木文彦、槍を使いこなすジャベリンを演じる日野聡、そして政府組織のメンバーでスクワッドのメンバーたちに的確な指示を与えるエミリア・ハーコートを演じる水樹奈々。

 ジェームズ・ガン監督作品の大ファンだというこがけんさんは、「コンビバイト中に自分にヒーローの能力があることに気づいた男」とハリウッド映画あるあるモノマネを披露すると、会場は大いに沸いた。

 本作に登場する14人のスクワッドのメンバーたちは、全員クレイジーでそのぶっ飛び具合は半端ではない。『スーサイド・スクワッド』(16)、『ハーレイ・クインの華麗なる覚醒』(20)に続き、ハーレイの声優を務める東條は、クレイジーさに磨きがかかったハーレイ・クインについて、「ハーレイ・クインの衣装にも注目して欲しいですが、何よりマーゴット・ロビーが持っている運動神経をフルに発揮したアクションが必見です。ハーレイを演じるとしばらく抜けなくて困るんです」とハーレイのアクションに注目してほしいことと、ハーレイが憑依してしまうことを告白した。

 サバント役の立木は「サバントは、接近戦のプロ。極悪感がアリアリで、存在感が半端ないです。何より役を演じているマイケル・ルーカーがはまり役で、自分とビジュアル的にも似ているところがあり、一体化してしまいました」と自信と役柄とのマッチを明かした。

 日野は、「槍を使いこなすイケメンキャラで、肉体美が溢れている人です。結構天然っぽいのところもあり、非常に面白いキャラクターです。」と魅力あふれる悪党であることを明かした。

 そして、水樹は「エミリアは唯一普通の人です。世界を脅威から救うスクワッドのメンバーに指示する重要な役割を果たしつつ、上手く彼らを操っているキャラクターです。」と実は大事なエミリアの役柄を明かした。

 本イベントでは、本作の監督ジェームズ・ガンからスペシャルメッセージが上映された。

 映像の中でジェームズ監督は、「日本のみなさん、こんにちは。監督のジェームズ・ガンです。スーサイド・スクワッドの吹替え版もスーパーな声優チームが勢ぞろいだと聞きました。本作には魅力的な“悪カワ”、皆さんもご存知のハーレイ・クインをはじめ、もっともクレイジーなぶっ飛んだキャラたちが登場します。日本のみなさん、“極悪”なヤツらの活躍をぜひお楽しみ下さい!」と日本の豪華声優陣の出演に喜びを表しつつ、邦題のサブタイトルにもなっている“極悪”というキーワードを混ぜながら日本のファンに激アツなメッセージを残した。

 監督のスペシャルメッセージに声優陣が大興奮し、このコメントにこがけんは「めっちゃくちゃ熱いですね。特報からだけ見ても監督ならではのポイントがたくさんありましたね。監督の作品に登場するキャラクターは、短い会話だけでそのキャラクターの魅力が分かります。ガーディアンズ・オブ・ギャラクシーもアウトローのチームですが、監督がどうチームを魅力的に描いたのかすごく興味あります」と熱く語り、純粋な一ファンとして喜びを語った。

 最後は、東条が「本作を期待して待っていてくれる人は多いと思いますが、その期待をもっと膨らませてもいいと思います。この映画は絶対裏切りません!」とファンに向けてメッセージを贈った。

Photos

記事タグ 

コメントを書く(ユーザー登録不要)