高梨臨

 山崎賢人、清原果耶、藤木直人、夏菜、眞島秀和、高梨臨、三木孝浩監督が25日、都内で行われた映画『夏への扉 -キミのいる未来へ-』初日舞台挨拶に登壇した。

 1956年にアメリカで発表されて以来、ハリウッド映画に大きな影響を与え続ける、ロバート・A・ハインライン著の小説『夏への扉』の映画化。時空を超えて繋がる絆が描かれる。主演の山崎は、罠にはめられ、すべてを失いながらも、未来を変えるため30年の時を超える科学者・高倉宗一郎を演じる。

 高梨は、原田泰造が演じる謎の鍵を握る男・佐藤太郎の妻・佐藤みどりを演じる。役作りについて過去には「優しい存在でいられればなと思いながら演じました」と語っていた高梨。本作については「未来の設定が2025年という近未来でそれが絶妙で、4年後こんな感じになっているかもしれないと。今あるものと未来の融合が絶妙。そこが好きです」と明かした。

 作品のテーマ性から登壇者それぞれが思う「見たい未来」「理想の未来」を明かす場面で高梨は「コロナがないなかでオリンピックが盛り上がる未来があったらいいなという気持ちがあります」としつつ、もう一つの願いを明かした。それは「全自動風呂機」。

 「何年か前からずっと欲しいと思っていた」とし「疲れてきたときに、メイクを落として…というのが億劫。寝るだけの状態なれる全自動風呂機が欲しい!」と切望。これに山崎は「全自動系は全部欲しい!」とうなずき「爪を切ったり、深爪したり、手は良いけど足は遠いなって」と意外な素顔を明かしていた。

山崎賢人

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)