2020年12月に還暦ソロデビューを果たしたKOSOが、3月12日に桜をテーマにした曲「両手一杯の桜」を、アルバム「おとこ酒」よりシングルカットすることがわかった。

 この曲は、KOSOが「岡崎公聡」として在籍していたグループ「class」のメンバーで、2009年に志し半ばで他界した故 津久井克行が最期に思いを込めた楽曲「桜」へのアンサーソングとなっている。

「両手一杯の桜」ジャケ写

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)