女剣士に扮する高梨臨(テレビ朝日)

 女優・高梨臨が、3月4日放送の木曜ミステリー『遺留捜査』第6シーズン(テレビ朝日系)第8話にゲスト出演することが発表された。映画女優役を演じる高梨は、劇中で“女剣士”に扮する。ワンカット長回しの殺陣シーンにも挑み「ドラマの1話とは思えないほど内容が詰まった作品!」と自信を見せる。

 上川隆也演じる刑事・糸村聡が、事件現場に残された“遺留品”が持つ意味を徹底的に探り、声なき遺体が訴えたかったメッセージを代弁する。事件そのものを解決するだけでなく、遺族の心情をも救う優しさと、超マイペースで空気を読まない不思議キャラで、視聴者を虜にしている。

 第8話では、映画撮影中のオープンセットで女子大生の遺体が発見される事件が発生する。糸村は被害者が持っていた“赤いお手玉”に興味を抱き、その遺留品に込められた思いを探っていく。やがて、お手玉の中に隠されていた“秘密”が、現在と過去の事件をつないでいくことになる。

 高梨が演じるのは、遺体の第一発見者でもある女優・大峰恵。彼女は“ある決意”を胸に12年間にわたって大ヒットアクション時代劇シリーズ『剣戟炎武(けんげきえんぶ)』の主演を務めてきたストイックな映画女優という設定で、高梨は「女優という同じ職業なので、特に違和感はありませんでした。ずっと戦うかっこいい女性の役をやりたかったので、劇中劇の中ですが、とても楽しめました」と、ひとつの作品の中で2つの役柄を生きる“二重構造体験”を楽しんだことを明かした。

映画女優役で出演する高梨臨。上川とは初共演(テレビ朝日)

 高梨が感じたのは、劇中劇にも熱を注ぎまくるスタッフの徹底ぶり。「ドラマの中に出てくる劇中劇の台本は、中身が映らないのに最初から最後まで作られているんです」と、スタッフのこだわりに感激。彼らの熱量に呼応するかのように、「撮休の日にもお願いして稽古をしていただきました」と、高梨自身も真剣にアクションに取り組んだ。

 第8話は恵、つまり高梨の流れるような殺陣をワンカットで追う、臨場感あふれるシーンから幕を開ける。高梨は「最初のアクションシーンは長いワンカットで、何度もリハーサルをして挑んだので、ぜひ見ていただきたいです」と、みっちり集中して臨んだ殺陣に自信をのぞかせ、「ドラマの1話とは思えないほど内容が詰まった作品になっていると思います」と、第8話の奥深い出来栄えを断言。

 「物語自体も切ないけど、温かい想いがつまったドラマになっているので、ぜひ楽しんで見ていただきたいです」と、みどころをアピールした。

映画女優役で出演する高梨臨(テレビ朝日)

高梨臨(大峰恵役):コメント

――自身のお仕事でもある“女優”を演じるのは、どんなお気持ちでしたか?

女優という同じ職業なので、特に違和感はありませんでした。撮影のシーンなどで実際の撮影スタッフが劇中スタッフとして出演していたり、スタートやカットが、実際と劇中劇のどちらなのかわからず、みんなが混乱していたのが面白かったです。ひとつの作品の中で2つの役を演じることができ、とても楽しめました。

――恵はどんな女性だと思われましたか?演じる上で心がけたことなど教えてください。

「強くいないと!」と思っている女性だと感じました。「自分が頑張らないと…」と、あえて自分を孤独にして、奮い立たせているような弱さと強さを持っているなと思ったので、その危うい強さを表現できたらなと思い演じさせていただきました。

――劇中劇では、女剣士姿での殺陣シーンがありましたが、エピソードを教えてください。

久しぶりのアクションだったので、撮休の日にもお願いして稽古をしていただきました。ずっと戦うかっこいい女性の役をやりたかったので、劇中劇の中ですが、とても楽しめました。

最初のアクションシーンは長いワンカットで、何度もリハーサルをして挑んだので、ぜひ見ていただきたいです。

――上川隆也さんとは初共演ですが、共演してどんな印象を持たれましたか?

上川さんは、とても優しい空気を纏った方で、この作品のチームにすっと私を馴染ませてくれました。撮影はとにかく寒かったのですが、いつも気遣ってくださり、素敵な座長でした。

――視聴者のみなさまへメッセージをお願いいたします!

ドラマの1話とは思えないほど内容が詰まった作品になっていると思います。アクションにも挑戦させていただきましたし、ドラマの中に出てくる劇中劇の台本は、中身が映らないのに最初から最後まで作られているんです。そういうスタッフさんの想いがつまった作品に参加できてとてもうれしかったです。物語自体も、切ないけど温かい想いがつまったドラマになっているので、ぜひ楽しんで見ていただきたいです。

Photos

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)