ドラマ『華麗なる一族』オールキャスト発表

 新川優愛、宮田俊哉(Kis-My-Ft2)、六角精児、甲本雅裕、温水洋一、堀部圭亮、井上肇、細田善彦が、4月18日スタートのWOWOW『連続ドラマW 華麗なる一族』に出演することが決まった。これでオールキャストが出揃った。

 2016年、WOWOW開局25周年記念として放送され話題となった、山崎豊子原作の『連続ドラマW 沈まぬ太陽』。そして2021年、開局30周年を迎えるWOWOWは、同じく山崎豊子の傑作小説を原作にした『連続ドラマW 華麗なる一族』を放送する。

 大阪万博を間近に控えた日本の高度経済成長期、富と権力獲得の手段として、関西の政財界で閨閥(けいばつ)を張り巡らす阪神銀行の頭取・万俵大介を中心に、一族の繁栄と崩壊が描かれる。

 脚本には、「連続ドラマW沈まぬ太陽」など人物描写を丁寧に重ねていく幹の太いシナリオに定評のある前川洋一。監督は、映画『劇場版コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-』や数々の名作ドラマを手掛けた西浦正記が務める。そして壮大な野望の実現に突き進む主人公・万俵大介を、2019年に公開された大ヒット映画『記憶にございません!』での好演も記憶に新しい中井貴一が演じる。

 これまでに、主役・阪神銀行頭取の万俵大介(中井貴一)、その長男・鉄平(向井理)、次男・銀平(藤ヶ谷太輔)、大介の愛人・高須相子(内田有紀)、大介の妻・寧子(麻生祐未)をはじめ、万俵家の面々、さらにメインキャストとなる出演者陣が明らかになっていた。そしてこの度、本作を盛り上げる、更なる8人の豪華キャストをはじめ、オールキャストが解禁となる。

 まずは大介の息子・娘に関わる人物。次男・銀平とかつて深い関係にあった女性画家・小森章子(こもり・あきこ)役は新川優愛、二子(松本穂香)が閨閥結婚相手として見合いをすることになる細川一也(ほそかわ・かずや)役はKis-My-Ft2の宮田俊哉が務める。次に阪神銀行で大介の側近となる融資担当・渋野(しぶの)常務を堀部圭亮が、経理担当・大亀(おおがめ)専務を井上肇が、そして大介の秘書・速水英二(はやみ・えいじ)を細田善彦が演じる。さらに、その阪神銀行と関わる面々で、大同銀行の専務・綿貫千太郎(わたぬき・せんたろう)役を六角精児が、阪神特殊製鋼の専務・銭高孫六(ぜにだか・まごろく)を甲本雅裕が、そして大蔵省の金融検査官・田中松夫(たなか・まつお)を温水洋一が演じる。

 上記8人をはじめ個性派かつ実力派役者陣が更なる脇を固める。役どころは次の通り。

■小森章子(新川優愛)

銀平(藤ヶ谷太輔)の元恋人で画家の卵。まだ銀平が冷め切った態度になる前、二人は愛し合っていた。だが、万俵家の縁組みのルールが障害となり2人は結婚に踏み切ることができなかった。章子は銀平のもとを去り、絵を勉強しにパリへ発った。兄・鉄平(向井理)がシカゴに出張に行った際に、個展を開く予定の章子と邂逅し、銀平の今を章子に告げる。

■細川一也(宮田俊哉)

佐橋総理婦人の甥。東大法学部卒、業界大手の帝国製鉄秘書課勤務のエリート社員。外務官僚の小泉夫人の遠縁で、美馬中(要潤)と相子(内田有紀)によって二子(松本穂香)と見合いをすることになる。容姿端麗、博学多識で縁談相手としては申し分ないが、知識をひけらかすところが玉に瑕。細川自身は好意を持っている様子だが、二子の気持ちは…?

■綿貫千太郎(六角精児)

大同銀行専務。大同銀行は生え抜き派と日銀からの天下り派に分かれており、あからさまに態度には出さないが、生え抜き派の綿貫は新頭取の三雲(石黒賢)をはじめとする天下り派を疎んでいた。叩き上げの専務らしい野暮ったさがあり、三雲とは正反対の存在。三雲が鉄平率いる阪神特殊製鋼に肩入れしていることを快く思っていない。

■銭高孫六(甲本雅裕)

阪神特殊製鋼常務。元阪神銀行本店の融資部長で、大介(中井貴一)の意を受けて、阪神特殊製鋼の経理担当役員として送り込まれた。高炉建設に関して、予算面での折り合いが付けられるか疑問に思っており、不安を吐露する。財政面に絶えず眼を光らせながら、逐一、阪神銀行へ報告している。

■田中松夫(温水洋一)

大蔵省銀行局の官僚。金融検閲を予告なしに検査し、徹底的に内容を洗い出す金融検査官。田中は美馬中(要潤)よりも年上であったが、東大出のキャリア組の美馬とは違い、万年冷飯食いのノン・キャリア組で、2人の間には主計局次長と検査官という大きな隔たりがある。美馬は大介に預金高中位の銀行の経営内容を洗うよう言われ、あることを条件に田中に各行の検査報告のコピーを極秘に渡すよう頼む。

■渋野(堀部圭亮)

阪神銀行常務、融資担当。阪神銀行の体質改善を図るためという名分で、能力厳選主義で選び抜かれ、抜擢されたエキスパート。貸付をしている太平スーパーの資金不足の問題に銀平とともに対峙する。

■大亀(井上肇)

阪神銀行専務、経理担当。大介が人間的な弱さを安心して露呈できる存在。企業のトップとして決断に迷う時、不安に襲われる時、また銀行の頭取という品位が問題にされそうな時、大介は大亀を呼んで心中を吐露した。

■速水英二(細田善彦)

阪神銀行頭取(大介)の秘書。銀平と同い年、同じ大学で経済を学び、同期で阪神銀行に入社。銀平と速水は行内では営業の貸付課と秘書課に分かれ、ほとんど言葉を交わすこともなかったが、銀行の外で顔を合わせれば、友人同士の親しい言葉を交わし合う間柄。優れた知性と情感を兼ね備えており、大介からの信頼もある。

Photos

記事タグ 

コメントを書く(ユーザー登録不要)